中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

北東アジア地域自治体連合の海洋・漁業文科委員会、青島でフォーラムを開催

2013/11/11 13:28:30   來源:japanese.qingdao.gov.cn 2013/11/11 13:28:30

  6日午後、山東省政府と北東アジア地方政府連合会海洋・漁業分科委員会の共催で、青島市政府、山東省海洋と漁業庁、山東省外弁の後援で、イノベーション・協力・発展をテーマとした海洋新興産業と海洋シリコンバレーづくりフォーラムは、青島魯商凱越ホテルで開催された。同委員会が山東省で開催する3回目の会議だった。山東省副省長の趙潤田氏をはじめ、北東アジア地域自治体連合事務局長の金在孝氏、韓国在青島総領事、日本国在青島総領事などは開会式に参加した。

  フォーラムには、国家海洋局、科技部発展計画司、国家海洋局北海分局、山東省政府関係機関からの関係者、煙台、維坊、東営、威海、日照、浜州など6市の行政長官と20沿海県・市・区の行政長官、17市の海洋と漁業主管機関の長官、中国海洋大学、山東大学、中国石油大学、中科院海洋所、国家海洋技術せんたーなどからの学者、韓国と日本からの関係者、合わせて160余人が参会した。

  山東省海洋と漁業庁庁長の王守信氏、韓国忠清南道海洋水産局水産課事務官の林みんこう氏、国家海洋技術センター主任の羅続業氏などはそれぞれ海洋新興産業拠点創出、イノベーション駆動、海洋計測器の基準化の推進などから基調演説を披露した。

  青島市側から、王広正氏、王暁方氏が開会式に参加し、王氏から演説があった。

  北東アジア地域自治体連合は中国、日本、韓国、北朝鮮、モンゴル、ロシアなど6か国の省級政府機関が発起して、1996年9月に韓国慶尚北道で創設され、そのなか、海洋・漁業分科委員会は同連合が山東省に創設する最初の分科委員会として、2009年11月に青島で創設されたという。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室