中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

APEC第2回高官会合、青島開催

2014/5/19 15:19:51   來源:sdchina 2014/5/19 15:19:51

  14日、2014アジア太平洋経済協力(APEC)第2回高官会合は青島シャングリラ大飯店で開会した。21のAPEC参加国・地域、APEC事務局、APEC工商諮問理事会及びAPEC観察国から300余人が会合に出席した。会合では、APEC高官会合の会長をつとめる中国外交部副部長の李保東が司会を務め、且つあいさつがった。また、会合に先立って、APECの関連委員会、作業部会は40回の会議を行い、約1600人が参加した。

  高官会合はAPEC中国イヤーの重要な内容で、11月に北京開催のAPEC第22回首脳非公式会合に備えて、各分野における協力のすりあわせ及び促進を目的に開催される。

  会合では、「地域経済一体化の促進」、「経済イノベーション発展及び改革・成長の促進」、「全方位的基礎施設・相互接続の整備強化」を議題にした踏み込んだ検討が行われた。

  参加者は、アジア太平洋自由貿易協定の開始時期について協議をし、APECの世界価値チェーン発展戦略促進の未来像、APECの貿易投資発展力づくり促進戦略計画など重要な提案につき意見交換するほか、経済改革、新経済、イノベーション成長、包容性支援、都市化と5大柱を巡って、経済構造改革、財政税収支援政策、インターネット経済、グリーンな発展、海洋経済、中等収入の落とし穴の突破など分野における協力及び経済の創造的発展促進、改革と成長のあり方などを検討した。参会者、アジア太平洋相互接続の未来像づくりでより認識を共有し、国家と民間資本の共同経営枠組み、投資融資ルート拡大、ソフトウエアに関する連携と人的交流などを重点に検討を行った。

  中国側は、今回の会合を重要視し、実務的協力の実現に向け積極的な取組を行っている。外交部、商務部をはじめとする部門から複数の協力提案とプランをするほか、11月首脳会議週間の主要なスケジュールと成果プランに関する報告があった。参加各者は中国の関連提案の現実に立脚したもので、積極的で実務的で、且つ、将来に向けた高みのあるものとし、今年のAPEC首脳会議の成果実現、アジア太平洋の長期的発展に重要な意義を有するとした。

  APECの開催国として、今年、中国では、また複数のAPEC関連活動が予定されており、なか、8月6日~21日の第3回高官会合及び関連会議、11月5日~11日の首脳会議週間は北京で行われる。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室