電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

共達電声、産業構造の調整へ 企業の均衡発展を実現

2014/5/27 15:05:05   source:中国山東網

  27日、「山東創造へ 全国ネットメディア斉魯ツアー」の取材団はイ坊の山東共達電声株式会社に取材した。共達電声取締役会兼財務総監王永剛さんは取材を受けて伝えた。近年以来、会社は産業構造を調整するに力を入れていて、発展の中心をマイクロ駐極体マイクからマイクロ受話器、シリコンマイクロマイクと電気音響モジュールシステムという分野へ発展させ、製品の単一的構造を変えて、会社の均衡な発展を遂げた。

  製品の種類を豊かにして「両方のこぶし」競争モデルを

  共達電声は設立されて以来、ずっとマイクロ電気音響部品とモジュールの研究開発、生産と販売に力を入れていたが、製品の構造が単一的で、一つのこぶしで市場のリスクを抵抗しがたいので、共達電声は製品の構造を調整して、製品の種目を豊かにし、発展の転換を加速する策定を作った。

  調査研究によって、マイクロマイクとマイクロ受話器は一部の機械の入力端と出力端として、携帯、ノートパソコン、デジタル製品、PMPなどの分野に使われる。共達電声はこの製品を早く育成して、平衡発展という「両方のこぶし」の競争モデルを形成する。

  産業構造を調整して、製品の多元化、シリーズ化を

  会社は世界一流の電声ソリューションのプロバイダーになることを目標としている。将来も電気音響分野を主として、電気音響の部品とモジュール、電気音響システムのモジュール製品の多元化おシリーズ化を実現すると王永剛は話した。

  技術革新を推進し、産学研協力を

  共達電声は現在、音響工学の技術研究センターの設立に力を入れている。音響工学プロジェクトの研究開発の規模を拡大し、研究開発能力を向上し、研究開発手段を豊かにし、実験の設備を充実し、技術員のレベルを向上する。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室