電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

潍柴は海外へ 「三部作」でコア技術を把握

2014/5/28 15:38:30   source:中国山東網

  潍柴新しい時代、海外への「三部作」(撮影 李紅梅)

  イタリアファラデーを戦略再編する。(撮影 李紅梅)

  民族振興の背骨になる。業界発展のリーダー、技術のリーダーと標準の制定者になる。(撮影 李紅梅)

  27日の午後、「山東創造へ 全国ネットメディア斉魯ツアー」の取材グループはイ坊市の潍柴動力株式会社へ取材した。潍柴動力の科学技術展示館を見物することで、国内の車と装備製造企業でのリーダーである潍柴動力の自主イノベーションの道を少しわかるようになった。

  潍柴動力の科学技術展示館に入ると、すぐに目の前のさまざまな展示物に引かれたのである。現場で、潍柴全シリーズ、全分野製品に大きく動かされて、近年潍柴動力の高速的発展に感心した。

  案内者の紹介で、イノベーションすることは潍柴最大のラベルである。潍柴動力の担当者によると、単なる数年間で、潍柴動力は工場から会社、またグループへ発展して、単一的エンジン製品から車の分野へ発展して、さらに産業チェーン全体で優位性を見せている。内部の一角から海外へ拡大している中、イノベーションするのは重要な要素である。

  国内市場の開拓のほかに、潍柴は国際競争にも参加する。「国際化」へ歩んでいる。フランスのBaudouinを買収合併して、イタリアファラデーを戦略再編して、ドイツのKIONとLinde Hydraulicsに投資するというのは潍柴海外へ発展する「三部作」と言えるであろう。こういう「三部作」で、潍柴はコア技術の資源を把握して、構造の調整を加速して、国際企業を経営する経験を積み重ねた。国内レイアウトから世界レイアウトへの乗り越えを完成する。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室