中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

ボアオフォーラム、アジアと中国の夢が一体化

2015/3/27 17:06:11   來源:チャイナネット 2015/3/27 17:06:11

  ボアオ・アジアフォーラム2015年年次総会が、3月26〜29日にかけて海南省博鰲(ボアオ)で開かれる。習近平国家主席が開幕式に出席し、基調演説を行う。同年次総会は「アジアの新たな未来―運命共同体へ向けて」というテーマを巡り、マクロ経済や地域協力など6大分野の議題を設定した。

  アジアでは現在、経済成長率の低下の圧力が拡大しており、経済運営の不確定性が高まっている。これに地政学・経済力の変化といった要素が加わり、アジア諸国の経済・貿易摩擦が近年日増しに増加している。各国は協力の面で、大きな課題に直面している。これを背景とし、アジア諸国は共通の利益を巡り、ウィンウィンの協力の共通認識を形成する必要がある。これはウィンウィンがアジアの人々に利益をもたらすほか、世界経済の回復に原動力を注ぎ込むことができるからだ。

  どのような差と食い違いが存在しようとも、アジア諸国の運命は共通する。アジアは協力の最も大きな活力と潜在力を持つ地域であり、現在も未だアジア全体の協力機関を設立していない。経済一体化の発展に伴い、アジア内部の貿易額は、対北米・対欧州の貿易額の合計を上回っている。多くのアジアの経済体が、互いに最も主要な貿易・投資パートナーとなっている。相互接続による協力の強化が、現実的な需要になった。

  ボアオ・アジアフォーラムは、アジア諸国の相互連結の場という役割を果たしている。今年の年次総会のテーマは「アジアの新たな未来―運命共同体へ向けて」で、習主席および海外の十数人の首脳が基調演説を行う。また77の正式な検討会では、いかに協力を強化するかが検討される。これはアジア諸国間の相互連結を促す。

  中国は現在、十分なインフラ整備の経験と資金を蓄積している。アジア諸国がインフラ発展の需要を持つことも明らかになっている。アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立は、中国の大国の責任を示した。今年のボアオ・アジアフォーラムは、AIIBの設立をさらに促進する。これに貿易障壁の削減などが加わり、同フォーラムはアジア諸国が「求同存異(小異を残して大同に就く)、休戚与共(苦楽を共にして一致協力する)、開放と包容、ウィンウィン、共同発展」の運命共同体の意識の醸成を促す。

  習主席はかつて、「中国は周辺諸国を外交政策の優先的な方向性とする。親(親密)・誠(誠実)・恵(恩恵)・容(包容)の理念を実践し、相互連結を通じてアジアの隣国により多くの公共財をもたらす。各国が中国の発展の列車に便乗することを歓迎する」と表明した。AIIBおよび「シルクロード基金」の設立、鳴り物入りで宣伝されている「一帯一路」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)の構想、ボアオ・アジアフォーラムの主催などは、周辺諸国との相互接続を強化しており、世界に対して中国の「親・誠・恵・容」という外交理念を示している。

  苦楽に関する過去・現在・未来は、中国と周辺諸国を運命共同体として結びつけている。ボアオ・アジアフォーラムの開催をきっかけとし、各国が「親・誠・恵・容」の理念を実践し、相互接続のパートナーシップを深化し、運命共同体を構築できれば、ウィンウィンの中で新たな経済成長点を形成し、「中国の夢」と「アジアの夢」の翼を並べ一斉に飛び立たせることができる。またアジアの地域経済に力強い原動力を注ぎ込み、高度に繁栄し相互に依存する新たなアジアを構築することができる。

  

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室