中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

第二回中華学生朝貢行は曲阜に行われ 留学生が孔子文化を体験

2015/5/18 11:06:10   來源:中国山東網 2015/5/18 11:06:10

  5月16日午前、中国孔子基金会、中国共産主義青年団山東省委員会、中華全国学生聯合会によって主催する「身を修めて性格を養い 夢を叶う―中華学生朝貢行」第二回第一期活動が山東省曲阜市に開幕した。

  中国石油大学、南京理工大学などの大学から来る大学生たちとカザフスタン、パキスタンなどの国家から来る留学生、計500何人の学生が曲阜に来て、  広く深い儒家文化と中華伝統文化の独特な魅力を体験した。中国孔子基金会副会長の李長明が活動の開幕式に出席した。

  学生たちは弟子入りの礼をした。そして、『論語』の経典名句を読んだ。

  学生たちは弟子入りの礼をした。そして、『論語』の経典名句を読んだ。

  活動開幕式は孔廟で行われた。学生たちは大成殿の前に弟子入り式をした。2000年前の古代聖人に向かって、学生たちは一緒に『論語』経典名句を読んだ。この方式で中国古代思想家、教育家の孔子に尊敬の意を表して、深くて古代聖人の知恵を感じた。弟子入り式後、学生たちは孔子研究院に見学した。

  その後の講座で、孔子研究院元副院長、中国孔子基金会理事、孔子後裔孔祥林は『崇徳 報本 教化――孔子廟の社会作用』テーマ講演をした。

  この活動に通じて、留学生たちがもっと孔子文化を理解する。

  カザフスタン人留学生のウリによって、彼女は2014年中国に来て、その前はカザフスタンに孔子と関するコースを受けたことがある。そして、彼女は孔子について本を読んで、色色な道理が分かった。

  留学生のバデ

  バデの話より、彼は非常に中国の伝統文化が好きで、今度の見学は彼にびっくりさせた。「私はその前南京の夫子廟に行った事があります。ずっと孔子の故里へ行きたいです。やっとここにきます。ここで中国文化の広く深さを感じます。」

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室