中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「文化遺産保護全国メディア斉魯ツアー」起動 4城の文化遺産保護に注目

2015/6/13 11:49:39   來源:中国山東網 2015/6/13 11:49:39

  今日(6月13日)は10番目の中国「文化遺産日」です。今日午前10時、2015年中国「文化遺産日」山東ホームイベント又は「文化遺産保護全国メディア斉魯ツアー」の起動式は山東建築大学で行われた。中央、省、市と香港メディアから30名の記者や編集者は取材活動に参加する。曲阜、鄒城、棗荘、泰安や淄博、濰坊などの地域に行って、文化遺産の保護、第1回の移動可能文化財全面審査の結果、「郷村記憶」プロジェクト、博物館建設などを重点に置いて取材する。

  山東省文物局局長の謝治秀氏によって、近年以来、山東省文物仕事はセンターにめぐって、大局にサービスして、積極に「七区両帯」文化遺産保護区域と重点プロジェクト連帯戦略を実施する。習近平総書記の文化財を守る重要論述精神を徹底的に実践するために、山東省文化局は四つの措置を提出した。文化財を守ることは経済文化大省建設を加速することに貢献する。

  山東省三回目文化財全面調査によって、今全省はともに移動不可能文化財5万所がある。そのなかで、世界文化遺産が四つがあり(泰山、「三孔」、斉長城、大運河)、全国中天文化財保護単位は196があり、省級文化財保護単位は1293があり、市(県、区)重点文化財保護単位は一万以上がある。全省はやく279軒の博物館があり、その中、文化財部門に属する博物館は149軒があり、業界性国有博物館は66軒があり、私有博物館は64軒があり、国家一・二・三級博物館42軒がある。国有博物館に収蔵される文化財は182万枚があり、その中一級品は1.26万枚がある。

  取材団も2つの段階に分けて曲阜、鄒城、棗荘、泰安や淄博、濰坊などの地域に行って、文化遺産の保護、第1回の移動可能文化財全面審査の結果、「郷村記憶」プロジェクト、博物館建設などを重点に置いて取材します。記事、動画、写真などの形で、新聞、テレビ放送、サイト記事や微博、微信も利用して、多角度で全面的で立体的な報道を行う。

  そして、今回の活動で、中国山東網は「文化遺産保護斉魯ツアー」中国語、英語、日本語、韓国語の公式ウェブサイトを開設する。山東写真庫契約カメラマンを誘って、この活動で撮影する。活動現場で、山東省人民政府新聞弁公室主任の王世農は取材団に旗を授けた。「文化遺産保護全国メディア斉魯ツアー」は正式に起動した。中国山東網が伝えた。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室