中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

上九山村鄭氏32字の家訓は家宝に 信用の家風は伝え

2015/6/15 14:48:21   來源:中国山東網 2015/6/15 14:48:21

  上九山村鄭氏路地

  上九山村は完璧に古い建築を守るだけではなく、無形の家風家訓などの文化遺産も世代に流れている。

  上九山村の信用観念は歴史と時代を超える価値がある。

  「父子慈孝、他人に愛。夫婦和順、四隣に親善。兄弟次第、賢を尊敬。信用最高、葉茂根深。」「孔孟の郷、文化発祥のところ」に呼ばれる山東省鄒城、2000年以上の歴史がある古い村はある。この村は上九山村という。ここは完璧に古い建築を守るだけではなく、無形の家風家訓などの文化遺産も世代に流れている。

  上九山村は鄒城市石壁鎮の西南方に位置して、周りには9つの山があるから、九山村に呼ばれる。その後もう一つの村を建てて、区別するために上九山村になる。今住民の氏は鄭、聶、婁、満、秦、彭、席、孔などがあり、その中、鄭氏の住民は大多数を占める。

  実に、鄭氏祖先はここに居残ることは勇気が必要である。上九山村はどこでも石で、土地も不毛である。でも、ここは鄒県、凫山、魚台三つの県の交差点に位置して、交通が便利である。だから、上九山村は代々に沢山な商人と匠人がいる。人に知られるように、孔子の弟子として、子貢は商売で大成功で、後人は彼を「儒商の祖」と呼ぶ。

  「父子慈孝、他人に愛。夫婦和順、四隣に親善。兄弟次第、賢を尊敬。信用最高、葉茂根深。」この家訓は家族が繁栄できの重要な原因である。鄭氏はこの家訓を家宝として覚える。「上九山村の鄭氏子孫は誰でも20字の長幼順序を覚えて、32漢字の鄭氏家訓も心に銘記します。」上九山村の鄭祥林がそう言った。

  上九山村の信用観念は歴史と時代を超える価値がある。信と誠はこの村の精神を描いた。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室