中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

済南は区域性韓国商品集散センターを作り

2015/9/15 10:12:05   來源:中国山東網 2015/9/15 10:12:05

  6月1日、中韓FTAは正式に調印した。この協定は17の分野を覆って、できるだけ2015年末あるいは2016の年始に効力が発生することを目指す。効力が発生した後、中韓両方は90%を超える製品が過渡期後にゼロ関税時代に入る。

  山東省の地理位置の優位性と中韓貿易往来の強化と中韓FTA関連政策の実施をきっかけとして、済南はよく準備して、総合保税区保税物流政策と省都都市商業貿易流通の優位性を利用して、区域性韓国商品集散センターを作る。

  新しい突破: 中韓FTAは済南韓国商品博覧会に助力して 成約額17億元に達し

  中韓FTAが正式に調印した後始めての大規模な中韓協力プロジェクトとして、2015年第四回(済南)韓国商品博覧会は順調に開催した。

  6月5日に開幕し、会期が三日間の博覧会は韓国方の出展商は第一回の50軒から409軒になる。成約額も初回の1億間から17億元に増加した。博覧会は良い成果を取った。

  新しい進展:貿易往来密接する韓国企業は140軒が済南に駐在

  近年以来、済南にとって、韓国はずっと重要な貿易仲間である。済南市商務局あが提供するデーターによって、近年以来、済南は韓国に対して輸出入額は3億ドルぐらいで、韓国へ輸出する商品が主に化学工業原料と製品、各種機械と電子機器、鉄鋼及び鉄鋼製品で、韓国から輸入する商品が主に電子機器と電子製品、機械と設備、プラスチック原料などである。

  済南にとって、韓国も重要な外資出身国である。2015年7月まで、韓国は済南に140の企業が成立した、契約外資は10690万ドルで、実際に収入外資は6970万ドルである。韓国の錦湖韓亜グループ、LG会社、SKグループ及びに大宇、キヤ、東洋インク、KPFなど一連の有名企業は済南に支社を成立した。

  それと同時に、済南の企業も人に引けをとりたくなくて、次第に韓国市場に注目する。済南の韓都衣舎、山東国際商務、山東嘉元食用菌科学技術など4つの企業は韓国に投資した。

  新しい考え:済南区域性韓国商品集散センターを作り

  済南と韓国とは経済貿易の協力で基礎があり、産業では相互補完性があり、文化で認可感があり、地域で親切さがある。中韓FTAを調印することは済南の対外貿易にとって重要なチャンスである。

  済南市商務局によって、今後、済南は中韓FTAを調印することをきっかけに、総合保税区保税物流政策と省都都市商業貿易流通の優位性を利用して、eコマースプラットフォームの運営を推進して、済南区域性韓国商品集散センターを作る。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室