中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中韓FTAを機に、済南と韓国の協力を強化

2015/9/15 11:27:54   來源:中国山東網 2015/9/15 11:27:54

  「中韓FTA 斉魯先行」中韓メディアツアー済南座談会の現場

  済南市商務局の副局長王喜東氏は関連状況を紹介する。

  9月14日に、「中韓FTA 斉魯先行」中韓メディアツアーは済南に来ている。済南市座談会で、済南市商務局の副局長王喜東氏は済南と韓国経済貿易交流の状況及び将来、中韓FTAを機に、済南と韓国の協力を強化する企画を紹介した。済南市総合保税区発展センターの副主任王岩氏は済南総合保税区の基本状況、主要機能と優遇政策などを紹介した。

  協力基礎が堅固、韓博会がよい成果

  韓国は済南市の重要な貿易相手国だ。近年、済南の対韓貿易規模は大きくなっていて、品種も多くなっている。韓国は済南市重要な外資導入国だ。2015年7月まで、韓国は済南で投資企業合計140社あまりを設立した。錦湖韓亜グループ、LG会社、SKグループなど数多くの韓国系企業は済南に進出した。また、済南の対韓経済技術協力も行われる。韓都衣舎、山東国際商務、山東嘉元食用菌科学技術など4社の企業は前後韓国で投資して会社を設立した。投資分野は電子商務、農業栽培、機械設備などの生産販売だ。

  済南と韓国の交流と協力を促進するために、2012年から、済南市人民政府と韓国の関連機関は共同で「」を作り出した。四回も行われた。「済南市は韓博会を引き続き利用して、韓国運営機関との長期的協力機制を立てる。また、これを通して、展覧会の専門化、国際化レベルを向上する。山東省政府と韓国経済貿易の交流プラットフォームを借りて、韓博会を重要なプロジェクトとして整合する。この展覧会を国内外で有名の経済貿易展覧会に作り出そうと努力する。」と王喜東氏は紹介した。

  引進来:優位性のある産業を突破口として、中韓協力パークを建設する

  韓国との経済貿易協力の方面で、済南市は青島や煙台、威海などの都市に比べて、距離がある。しかし、優位性もある。「山東省の省会都市として以外、済南の位置的優位性は明らかで、産業基礎が完備していて、金融サービスも科学技術も非常に優れている。」

  また、王喜東氏は次のように表示した。済南は山東「中日韓地方経済協力示範区」の企画構造に積極的に融合して、政策を出して計画中の中韓産業協力パークの建設を促進する。近日、済南は歴城区唐冶新区で中韓サービス貿易創業創新パークの建設を計画している。済南市アニメ、家具と電子商産業を突破口として、韓国サービスのアウトソーシングを請け負う。現在、計画業務は基本的に完了している。

  走出去:韓国へ展示して、サービス分野の協力を強化する。

  済南市は企業を組織して、韓国へ展覧会に参加せて、国際市場の業務を展開する。積極的に企業の「走出去」戦略を実施する。済南と韓国が文化観光、医療養老、IT、金融、教育などの分野における協力を強化する。

  中韓FTAを支持するために、済南市は便利で効率よい通関環境と営業環境を作り出す。保税区の通関政策を改善して、通関プロセスを簡潔して、通関速度を加速して、通関効率を向上する。

  済南総合保税区:中日韓保税展示取引先行模範区を建設する。

  2015年の上半期、済南総合保税区の経済総収入は131億元で、前年同期比85%贈だ。税収は1.4億元で、前年同期比20%贈だ。輸出入総額5.4億米ドルで、前年同期比14%贈だ。保税物流輸入区総額9.4億米ドルで、前年同期比10%贈だ。固定資産投資は25.5億元だ。

  また、中国新しい自由貿易区企画建設のチャンスをつかむには、済南総合保税区は積極的に国際と接し、中日韓自由貿易区の交渉起動と山東「中日韓地方経済協力示範区」の企画建設という歴史的機会を利用して、中日韓大型商品展示取引センターと中日韓国際電子商取引プラットフォームを建設して、中日韓保税展示取引先行模範区になって、山東省スマートパークの試験的都市になっている。(撮影 董麗娜)

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室