中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

青島前湾保税港区は輸入品本部基地を造り

2015/9/15 16:37:26   來源:中国山東網 2015/9/15 16:37:26

  青島前湾保税港区は輸入品本部基地は2014年12月3日に正式に起動した。今、輸入品本部基地は積極に国際貿易発展方向を探索して、eコマースの優位性を利用して、輸入品国境越えeコマースは青島に実施することを推進する。それと同時に、特色輸入品プロジェクトを推進んして、産業構造の昇級と転換をを促進する。

  9月15日、「中韓FTA 斉魯先行」全国メディア取材団は青島前湾保税港区に到着して、青島輸入品本部基地を取材した。

  輸入する燕の巣の本部基地プロジェクト

  青島前湾保税港区の優遇政策と便利な物流交通優位性を利用して、対外に主にインドネシアとマレーシアなど東南アジア良質の燕の巣メーカー、加工業者、輸出業者を開拓して、対内に燕の巣分野或いはこの分野と関連する輸入業者と貿易者を連絡して、「南にはアモイがあって、北には青島があり」という構成を形成した。青島に「北方燕の巣の都」という特色都市名刺を増やす。

  青島前湾保税港区輸入肉類、水産品配布センター

  山東税関肉類輸入量の年々漸増につれて、青島港の全世界の水産物輸入量三分の一の優位性地位を利用して、区内に良いプラットフォームを造ることを予定である。商品検査することと税関の要求に従って、既存の冷凍庫施設をさらに改造して、サンプルリングする部屋を立てて税関検査室を設けて、商品検査と税関を誘って同じ処に仕事する。

  冷蔵鎖プラットフォームの造ることと有名なブランドの進出することのおかげで、肉食や水産物輸入量は20万トン以上が突破することを実現すると見込む。

  輸入品直営中心プロジェクト

  2015年は輸入品本部基地の歩いて行った1年で、基地ブランドは省内の知名度と普及率をアップするために、年末前に省内に5つから10個までeコマースパターンを含める輸入品直営中心を設立することと計画する。

  直営センターは国内に最も影響力がある前3の家電商業ウェブサイトとドッキングして、多元化の方式で保税港区の企業誘致仕事を推進する。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室