中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中韓FTAの利便を借りて、山東と韓国の協力は加速

2015/9/18 8:38:24   來源:中国山東網 2015/9/18 8:38:24

  9月の初秋、収穫の季節だ。山東省で、中韓FTAをめぐって、中韓メディアツアーの活動も行っている。今日、50名以上の記者やブロガーからなる「中韓FTA 斉魯先行」中韓メディアツアーの取材グループは山東省の済南、青島、煙台、威海などの都市へ行って、近距離で中韓FTAの調印によって山東に与えられる利便を感じる。

  中韓FTAの利便を借りて

  山東は開放的経済を構築

  2015年6月1日に、中韓両国政府は韓国のソウルで正式に中韓FTAを調印した。それによって山東省や中国の経済貿易に新しいチャンスが与えられた。

  中韓自由貿易区は今まで中国で最も国際貿易額が多く、オーバー範囲が最も広い自由貿易地域だ。中韓FTAのおかげで、中韓貿易は大きく促進されてしまう。専門家の予測で、5年内、中韓貿易規模は4000億ドルに突破すると予測される。

  「中韓取引額は韓国対外貿易総額の1/5を超えている。この数は韓米、韓欧取引額の総和よりも大きい。韓国人だれでも中国製の製品を買うことができる。中国人のほとんどの人は韓国製の製品を買うこともできる。」商務部部長高虎城は文章の中で指摘した。中韓FTAは中韓両国の経済発展に重大な意義を持っているだけでなく、アジアと太平洋地域乃至全世界の経済繁栄と安定発展に積極的な役割を果たしている。

  「中韓自由貿易区の建設は重要な現実意味と重大な歴史意味を持っている。経済の一体化と経済発展の構造に大きな影響を及ぼす。」山東発展研究センターの主任、山東藍色経済文化研究院副院長鄭貴斌はこう語った。鄭氏の考えでは、中韓自由貿易区は双方の経済成長に活力を注ぐ。また、山東省に大きなチャンスを与える。韓国と隣接している省として、山東省は中韓自由貿易区の中でイニシアチブをとっている。

  大手韓国系企業が結集

  「韓国元素」は煙台開放的発展の最大の特色

  韓国に最も近い中国の都市の一つとして、煙台市は韓国との交流は「密接」だといっても過言ではない。煙台と韓国の交流は長い歴史を持っている。2600年以前、煙台に暮らした祖先たちはすでに朝鮮半島とビジネス交流や文化交流を展開しはじめた。1000年以前、煙台市は当時中国で最も大きな四つの通商港の一つとなって、中国と朝鮮半島をつなぐ紐帯になった。

  現在、煙台市は韓国と経済、貿易交流の優位性を持っている。韓国は煙台市第一位の貿易相手国、第一位の外資由来国と第一位の海外観光客由来国になる。双方の人的交流は日ましに頻繁している。「韓国元素」は煙台開放的発展の最大の特色になる。

  もっとも見頃なことは煙台で設立された多くの韓国会社だ。煙台市商務局によって提供されたデータによると、韓国は煙台に投資したプロジェクトが合計3551つがあって、韓国資金110,1億米ドルがある。投資分野はアパレル、軽工業、電子、機械、食品、建築材料、海運、商業貿易、金融などの業界に及ぶ。

  これらの業界の大手企業はすべて煙台開発区に結集している。煙台開発区は韓国系企業432社がある。LG、大宇造船、Hyundai Motor などの大手韓国企業の優位性を利用して、煙台開発区は中国で最も大きな掘削機生産基地、スマートフォン生産基地、自動車と部品生産研究開発基地になる。韓国と産業関連度と相互補足度は強くなる。

  韓国企業は煙台で発展規模は大きくなっている。LGグループ傘下のLGディスプレイ、LGEYTなど4社の企業はすでに煙台で集中的にディスプレイ、ビデオカメラ、携帯の完成品など生産、研究開発、販売を含む携帯の全産業チェーンを発展している。その中に、LGディスプレイは三期プロジェクトの全面操業につれて、携帯ディスプレイの生産量は世界市場三割のシェアを占め、世界で最も大きなディスプレイ生産基地になる。

  去年全省範囲で、主要営業業務の売り上げは100億元を超えた5社の韓国系企業の中に、煙台は3社がある。それぞれはLGEYT(194.7億元)、LGディスプレイ煙台(166.8億元)とDICC(17億元)だ。

  先行試行

  威海は中韓自由貿易区の試験農場を

  威海市は中韓両国地方経済協力の試験農場で、経験を普及させる重要な責任を担う。

  威海は山東半島の東側に位置して、韓国と一衣帯水で、韓国に最も海上距離が近い中国都市だ。

  こういう地理位置の優位性や仁川との長い間の協力で、威海と韓国の各分野の交流は頻繁している。現在、4万超えの韓国人は山東威海で仕事や生活している。

  「韓国人だれでも中国製の製品を買うことができる。中国人のほとんどの人は韓国製の製品を買うこともできる。」と高虎城の言うとおり、近年、中韓貿易交流はますます頻繁していて、観光の企業が山東で引き続き設立される。

  威海は先行や選考試験を積極的に展開して、電子商取引、サービスアウトソーシング、観光、文化創意、健康養生、医療美容などのサービスと投資開放にイノベーションしている。威海と仁川自由経済区の協力で、威海はコピーできる機制とモデルを探索する。山東へ普及させ、世界へ普及させて、あたらしいレベルの高い対外開放に貢献する。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室