中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

煙台保税港区、国際海運直接購入電子商誕生

2015/9/18 10:49:46   來源:中国山東網 2015/9/18 10:49:46

  「インターネット+」の発展の背景で、電子商取引とくに国際電子商取引の発展は最もいい発展の機会を迎えた。9月17日の午後、、「中韓FTA 斉魯先行」全国メディアツアー取材団は煙台保税港区へきて、近距離で中韓FTAが煙台国際電子商取引の発展にもたらした変化を感じた。

  5種類43つの製品は国際電子商取引で直接購入される

  全国初めての輸入加工区と港に近くて転換で保税港区に発展した港区として、煙台保税港区は政策を利用して、国際電子商取引の発展でイニシアチブをとっている。

  煙台保税港区は国際電子商取引を発展の優先戦略としている。2014年の努力を通じて、煙台市は山東省で青島市につぐ電子商取引を批准された第二番目の都市となっている。今年の3月に、海運直接購入の輸入モデルは試行された。7月29日に、煙台国際電子商取引海運直接購入輸入は煙台保税港区で運営された。

  「現在、海運直接購入輸入モデルの運営につれて、市民たちは韓国を買おうとすると、代理店に頼る必要がなくなる。直接に国際電子商取引直接購入に頼ればいい。」煙台保税港区政策法規科副科長の郝樹鵬氏は紹介した。また、煙台保税港区は煙台市商務局と煙台税関、検験検疫局と一緒に各準備作業を完成した。『保税港区政策機能優位性を発揮し全市国際貿易電子商取引サービス試験的都市の実施方案』を起草して、市政府弁公室に正式に発行された。

  それに加えて、去年の12月29日に、煙台郵便輸送、空輸国際貿易電子商取引一般輸入モデルは正式に起用される。また、日本や韓国への海上交通の優位性を考えて、煙台保税港区は海運モデルに突破を取ろうとした。

  「郵便輸送や空輸より、海運の業務量は大きく、コストも低く、社会と会社のニーズも大きいと考えられる」と郝樹鵬氏は語った。今年の3月12日に、国際電子商取引直接購入輸入試験的都市は青島税関に批准されて、5月15日に、煙台国際電子商取引空輸直接購入輸入サービスはスタートした。

  現在、輸出から輸入へ、郵便輸送、空輸から海運へ、煙台国際電子商取引は立体展開して、全面起動しいた。

  国際電子商取引試験的都市ソフトとハード建設を加速する

  煙台国際電子商取引の核心としては、「1センター、3プラットフォーム」ということだ。「1センター、3プラットフォーム」は即ち監督管理センターと電子商取引プラットフォーム、総合サービスプラットフォームと通関管理プラットフォームを集中することだ。

  監督管理センターの建設について、3万㎡の国際電子商取引集中管理監場所を建設した。それぞれは倉庫展示、税関検査、物流作業などの機能区域だ。

  プラットフォームの建設について、煙台奥展電子商務有限公司を主体とした「輸出入315」国際貿易電子商取引プラットフォームはオープンした。現在、ネット上で韓国、日本、米国、オーストラリア、フランス、スペインなど六つの商品館は開通された。さらに、「輸出入315」総合サービスプラットフォームと税関監督管理プラットフォームはすでに配属され、電子商取引、総合サービス、通関管理3プラットフォーム間のデータ伝送を実現した。

  年内電子商取引企業100社以上の目標へ

  これから、煙台保税港区は重点的に電子商取引産業パークの建設を推進して、国際電子商産業集結区域を作る。すでに輸出入315、百牧元、海光燦爛など10社あまりの電子商企業を誘致したほか、年内それを100社以上に誘致するという目標を立てた。また、一部の省級公共海外倉庫を育成した。

  「国際電子商の本当の量の成長を実現するには、保税貨物貯蔵モデルはポイントだ。これから、電子商の競争力を向上して、港区の物流、倉庫貯蔵業務の発展を動かす。対外貿易輸出入と外資誘致を促進することにより大きな役割を果たす」と郝樹鵬氏は語った。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室