中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

煙台、電子商海運直接購入輸入開通

2015/9/18 11:38:03   來源:中国山東網 2015/9/18 11:38:03

  国内電子商取引特に国際電子商取引の飛躍的発展につれて、多くの国際電子商企業は誕生した。市民たちはそれに恵まれて、海外直接ショッピングすることができる。

  煙台奥展電子商務有限公司の取締役孫芸航氏は次のように紹介した。国際電子商務海運直接購入輸入は「まず注文、後は出荷」というモデルを実施する。国内消費者は税関とネットワークした国際電子商プラットフォーム(輸出入315)で注文する。企業は電子注文情報、支払う情報、電子輸送情報を同時に税関に伝達する。その後、海外は海運方式で直接に商品を国内へ輸送する。

  「郵便輸送、空輸に比べれば、海運の最大の優位性は量が大きく、コストが低く、空運のコストに比べると60%~70%を減少したという」と孫芸航氏は言った。対韓海運直接購入輸入について、煙台市は大きな優位性を持っている。煙台奥展電子商務有限公司は韓国仁川で海外倉庫を設立したことで、世界各地の貨物を仁川へ集めて、海運でそれを国内へ運送して、海外と同じ価格で国内の購入者に販売する。

  コストの減少を除いて、海運直接購入輸入のもう一つの優位性は「品質を保証」することだ。注文製品の情報に基づいて、すべての製品は原産地に求められる。品質や販売後の問題は保証できる。

  輸出入315はインターネットの情報化レベルを借りて、中国関連政策の支持と商務部、各在中国外国大使館の全力協力を得た。現在、輸出入315は発展し続けて、独立した管理、技術研究開発、サービス、供給と物流配送のシステムを有するようになる。

  「輸出入315」国際貿易電子商取引プラットフォームは現在、ネット上で韓国、日本、米国、オーストラリア、フランス、スペインなど六つの商品館を開通している。さらに、「輸出入315」総合サービスプラットフォームと税関監督管理プラットフォームはすでに配属され、電子商取引、総合サービス、通関管理3プラットフォーム間のデータ伝送を実現してしまう。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室