中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

一園三区 煙台中韓産業パークは「両国二つ園」協力パターンを探索

2015/9/18 14:45:07   來源:中国山東網 2015/9/18 14:45:07

  中韓FTAの正式調印したことに従って、中国方の対韓協力重点園区として、それに中韓FTAファイルに記入する中韓(煙台)産業パークは注目される。中韓産業パークはなぜ煙台に位置する?ほかの計画構想はなぜ?今の進展程度は?

  煙台と韓国との地縁上の優位性は顕著で、経済貿易や交流協力も頻繁である。唯一中韓FTAに納入される産業園区として、中韓産業パークは煙台に定住したことは良い選択とはいえ。今、煙台はもう充分に準備して、中韓産業パークがつれる巨大な発展チャンスを迎える。

  なぜ煙台?

  位置、交通、戦略上の優位性が著しい

  独特な区域優位性、顕著な戦略優位性、便利な交通優位性、広い市場優位性、良好な産業優位性は中韓産業パークが煙台に建設する重要な要素になる。

  煙台は21世紀に海上シルクロードと陸上シルクロード経済帯の接点で、同じく中国が韓国に接続する重要な門戸である。 独特な地理位置の優位性、顕著な戦略優位性と便利な交通優位性は煙台に韓国経済貿易交流の最も密接な中国都市の一つとならせる。

  それに中韓FTAは正式に調印したことにつれて、韓国は唯一の世界三大経済体と貿易協定を締結した国家になった。中国企業は韓国を通じて全世界へ投資することに重大な歴史チャンスをもたらした。中韓(煙台)産業パークは両国政府が主に推進するパークとして、韓国企業が中国に投資する最善的ナプラットフォームと中国13億人口の大きい市場を開拓する橋頭堡になる。

  「両国二つ園」パターンは何?

  煙台中韓産業パークと韓国新万金開発区と提携して発展

  中韓(煙台)産業パークは中韓両国首脳共通認識を実行して、創新的に設立した両国共に建設する産業パークである。 独特な区域優位性、顕著な戦略優位性、便利な交通優位性、広い市場優位性、良好な産業優位性は中韓産業パークが煙台に建設する重要な要素になる。中韓(煙台)産業パークは「両国二つ園」というパターンを採用して、韓国中央政府指定した唯一の中国と中韓FTA産業団地と協力する国家レベルのパーク管理機構――新万金開発庁を開発と提携して双方向の投資協力を促進する。

  空間配置というと、中韓(煙台)産業パークの総企画面積は398平方キロメートルで、煙台経済技術開発区と煙台ハイテク産業開発区を依存して、重点的にハイエンド装備製造、新エネルギーと省エネルギー環境保護、電子情報、海洋エンジニアリングと技術などのハイテク産業を発展して、集中的に中韓新エネルギー自動車産業パークて、中韓省エネルギー環境保護産業パーク、中韓知恵産業パーク、中韓海洋装備産業パークなどの特色パークを作って、先進製造産業区を建設する。 煙台保税港区と煙台蓬莱国際空港と煙台港西港区に頼って、重点的に商業貿易物流、国際電子商取引などの新興の業態を発展して、集中的に煙台総合物流園区と国際電子商取引産業パークなどの特色がある園区を作って、現代物流区を建設する。煙台東部海洋経済の新区を頼って、重点的に生命科学などの新興の産業と金融保険、文化創意、旅行レジャーなどの現代サービス業を発展して、集中的に中韓生命科学産業パーク、中韓文化産業パークなどの特色パークを作って、現代サービス業寄合う区を建設して、最終的に「1園3区」という空間配置を形成する。

  中韓(煙台)産業パークは煙台位置、資源、交通、環境、産業などの優位性に立脚して、国家戦略に着眼して、開放配置を最適化に、中韓自貿区産業協力模範区、東北アジアは国際物流中枢、「一帯一ロード」戦略協力プラットフォーム、韓国元素がある知恵型の総合新区を作ることに力を集中する。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室