中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東淄博市伝統陶器制作が無形文化財に

2015/10/23 10:26:51   來源:チャイナネット 2015/10/23 10:26:51

  300年以上の歴史をもつ大型庭園陶磁器制作はすべて手作りで行われ、炭火で焼成される。成形から完成まで、およそ3カ月かかるという。牛継偉親子2代の努力、特に約27年間の研究の成果により、現在、龍瓶の高さは最高6メートルに達し、1280度の高温で焼成される。当初2匹の龍だった龍瓶は3匹、5匹、6匹、9匹と増えていった。瓶の上に造られたまるで生きているかのようなレリーフの龍は、最高で40センチメートルにもなる。この伝統彫塑工芸はこのほど、省から無形文化遺産として認定された。

  3月25日、山東省淄博辰浩彫塑芸術公司の伝統陶器制作伝承者、牛継偉氏は窯の中で、泥を使って九龍瓶の彫刻を行っていた。

  龍瓶制作のために泥を塗る牛継偉氏(右)

[1][2] 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室