中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「斉魯酒都」景芝鎮で千年の魯酒文化を味わう

2015/10/29 16:03:51   來源:中国山東網 2015/10/29 16:03:51

  29日午前、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアー取材団は景芝「酒の城」に写真を撮った。

  「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアー取材団は千年の魯酒文化を体験した。

  南練兵場素焼き鍋遺跡

  景芝酒文化展覧センターは酒の5000年の歴史を展示した。

  南練兵場素焼き鍋遺跡

  29日午前、「文化遺産保護」全国メディアさ斉魯ツアー取材団は「斉魯酒都」と呼ばれる景芝鎮に到着して、南練兵場素焼き鍋遺跡と「酒の城」景芝酒文化展覧センターに訪れた。酒の香りで、実地に千年景芝の伝統酒造技術を見学して、千年魯酒文化を味わう。

  役員によって、南練兵場素焼き鍋遺跡は当時景芝鎮「72棟の素焼き鍋」の一つで、敷地面積は400平方メートル、窖池100あまりがある。 比較的に完全に古い時の石臼粉砕すること、人工で麹を踏み、陶瓮発酵などの明清時期の古い醸造工業技術を保存して、いままで国内に保存された素晴らしい古代酒造町工場の一つである。 2015年6月、南練兵場素焼き鍋遺跡は省レベル文化財保護機構に取り入れられる。

  「酒の城」はある漢代古城模様の大型建築である。この城は集中的に景芝鎮の歴史長い酒文化や酒造工芸や人文景観や科学研究成果などを展示する。

  景芝酒文化展覧センターは序庁、歴史酒源、酒造工芸、人物酒傑、文化酒韵など七の部分を分けている。包装物流センターは包装、倉庫貯蔵、物流を集中して、年包装能力は6万トンで、全国に最大な包装パイプラインを持っている。「酒の城」広場は酒文化を展示することを核心内包として、全面的に酒の歴史と文化を披露される。(撮影=呉蒙 陳斌)

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室