中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

淄博鉱務局独和建筑群、淄鉱歴史の証拠に

2015/10/29 16:47:12   來源:中国山東網 2015/10/29 16:47:12

  淄博鉱務局独和建筑群は1906~1943年に建設されて、敷地面積が4600平方メートルである。1904年、ドイツ人は淄川大荒地(現在の洪山鎮)で淄川炭鉱を開いた。同時に、弁公と住む場所として、異国スタイルのあふれた別荘を建設した。1914年10月に、日本軍は淄川炭鉱を占領して、また和風建築を建てた。

  これらの建築の中に、独和占領時代の事務所や弁公室、クラブや住まいがある。また神社、見張り台、時計台もある。その中に、一番特色のある建築は淄川炭鉱事務所の旧跡である。華東野戦軍前委拡大会議の旧跡は歴史建築群の中に敷地面積が最も大きく、建築面積が最も大きいものである。

  1984年6月に、淄博鉱務局独和建築群は淄博市政府に洪山独和の中国侵略遺跡に評定され、市級重点文物保護団体に批准された。2000年に、山東省文化庁によって「歴史優秀建築物」に評定された。2006年に、山東省政府によって、全省重点文物保護団体に評定された。2013年7月に、第7陣の全国重点文物保護団体に評定される。(撮影 姜瑞麗)

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室