中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーイ坊市座談会、開催

2015/10/29 17:35:17   來源:中国山東網 2015/10/29 17:35:17

  29日の午前中、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは安丘景芝鎮でイ坊市座談会が開かれた。

  イ坊市文物局の副局長李洪勤はイ坊市文物遺産保護の全体状況と「田舎記憶」プロジェクト、第一回全国移動可能な文化財全面審査の状況を紹介した。

  イ坊市芸術館副館長、イ坊非物質文化遺産センター副主任範新建はイ坊市非遺の関連状況を紹介した。

  安丘市委宣伝部副部長の劉江軍は座談会を司会した。

  座談会の現場

  10月29日の午前中、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは安丘景芝鎮でイ坊市座談会が開かれた。イ坊市文物局の副局長李洪勤はイ坊市文物遺産保護の全体状況と「田舎記憶」プロジェクト、第一回全国移動可能な文化財全面審査の状況を紹介した。イ坊市芸術館副館長、イ坊非物質文化遺産センター副主任範新建はイ坊市非遺の関連状況を紹介した。安丘市委宣伝部副部長の劉江軍は座談会を司会した。

  移動できない文物4099箇所、文物収蔵品40万件を登録する

  イ坊市は長い歴史を持っている。イ坊市内に各種類の博物館(記念館を含む)、文管所は22か所がある。中に博物館(記念館を含む)が13箇所、非国有博物館が7箇所、文管所2箇所がある。国有博物館を主体として、非国有博物館を補充とし、各業界の博物館が共同で発展する新しい構造を形成している。イ坊市文博系統はともに文物収蔵品40万件を登録している。中に一級文物315件がある。二級文物1051件がある。三級文物5322件がある。

  上級特別補助資金7000万元を得て、当地2000万元投入する

  イ坊市は各級の文物保護特別経費を積極的に申請して、文物保護団体に修整や保護を行っている。2015年に、国家特別補助資金6698万元、省級特別補助資金540万元を得ている。すべての国家と省級補助資金プロジェクトはもう起動されている。

  一方、イ坊各地は当地なりの資金を配属される。概算系統によると、今年以来、イ坊市県両級の財政は各級と各種類の文物保護団体に配属や直接支給した資金は2000万元を超えたという。

  23箇所の遺産は第一陣の「田舎記憶」プロジェクト文化遺産名簿に入選される

  2014年6月5日に、山東省文物局は『全省で「田舎記憶」プロジェクト全面審査の展開に関する通知』を出した。イ坊市はともに田舎記憶場所51箇所を報告した。青州王府街道井塘古村は全省「田舎記憶」プロジェクト試験的団体に入選された。

  第一陣の「田舎記憶」プロジェクト文化遺産名簿の中に、イ坊市の文化遺産場所は23箇所がある。数的に全省の5位目になる。その中に、伝統村落は15箇所がる。済寧市とともに全省の3位目である。伝統住宅は4箇所がある。煙台市などとともに全省の2位目である。博物館は4箇所がある。済寧市などとともに全省の2位目になる。

  第一回全面審査で収蔵品45.5万元を採集して、44.2万件を登録する

  第1回全国移動可能な文化財全面審査の実施して以来、イ坊市は収蔵品86234件を報告した。1年間の努力によって、現在まで、イ坊市はすでに収蔵品45.5万件を採集している。文物情報登録プラットフォームで登録された文物は44.2万件で、数的に全省の前に立っている。

  山東省文物局第1回全国文化財全面審査の9月報告で、全省登録数トップ20位の団体を通達した。イ坊市には5団体がある。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室