中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

淄博鉱務局独和建筑群へ 建築に刻まれた歴史を感じ

2015/10/30 14:26:29   來源:中国山東網 2015/10/30 14:26:29

  「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは山東エネルギー淄博鉱務グループの独和建築群を見学した。

  完璧に保存されてきた独和建築

  完璧に保存されてきた独和建築

  建築は都市の独特のラベルで、一つの民族の歴史発展の証拠である。10月30日に、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは山東エネルギー淄博鉱務グループの独和建築群を見学した。

  18棟の独和建築完璧に保存され、独和侵略歴史の証拠に

  山東エネルギー淄博鉱務グループは一つの異国風情のあふれたヨーロッパ庭園のようだった。これらの独和建築は無音の存在で、一つの企業、一つの都市、また一つの民族の百年歴史を目撃してきた。

  これらの建築の中に、独和占領時代の事務所や弁公室、クラブや住まいがある。また神社、見張り台、時計台もある。その中に、一番特色のある建築は淄川炭鉱事務所の旧跡である。華東野戦軍前委拡大会議の旧跡は歴史建築群の中に敷地面積が最も大きく、建築面積が最も大きいものである。

  1984年6月に、淄博鉱務局独和建築群は淄博市政府に洪山独和の中国侵略遺跡に評定され、市級重点文物保護団体に批准された。2000年に、山東省文化庁によって「歴史優秀建築物」に評定された。2006年に、山東省政府によって、全省重点文物保護団体に評定された。2013年7月に、第7陣の全国重点文物保護団体に評定される。

  「修旧如旧」の原則で文物を守り、高い歴史価値を

  これらの独和建築群の中に、一棟の建物は記者たちの目を引いた。それは日本神社だった。1934年に建てられた。これは中国唯一な完全に保存されたコンクリート構造神社で、近現代帝国主義が中国を侵略する建築の遺跡だった。

  2004年に、最大限で独和建築を守るために、淄博鉱務グループは同済大学から古建築専門家を招待して、逐一でこれらの建築を検査した。評価して守る法案を制作した。「修旧如旧」の原則で、外部の修整がもともとの風貌を変えなく、内部の修整が実際の状況により適当な改造を実施することは確定された。「今見っている独和建築は基本的にもともとの風貌を維持している。建築の内部は弁公区に用いられているが、そのもともとのスタイルを変えるわけではない」と事務員の一人は紹介した。2013年7月に、第7陣の全国重点文物保護団体のリストは発表された。淄博鉱務局独和建築群は入選された。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室