中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは淄博市座談会を開催

2015/10/30 14:49:46   來源:中国山東網 2015/10/30 14:49:46

  10月30日午前、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは淄博市座談会を開催した。

  淄博市文化財事業管理局局長の宓伝慶は淄博市文化遺産保護の整体事情及び「田舎記憶」プロジェクトと第一回全国移動できる文化財の全面調査の関連事情を紹介した。

  淄博市人民政府新聞弁公室主任の徐徳征は座談会を司会した。

  10月30日午前、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアーは淄博市座談会を開催した。淄博市文化財事業管理局局長の宓伝慶は淄博市文化遺産保護の整体事情及び「田舎記憶」プロジェクトと第一回全国移動できる文化財の全面調査の関連事情を紹介した。淄博市人民政府新聞弁公室主任の徐徳征は座談会を司会した。

  淄博市は移動不可の文化財が2347ヵ所、収蔵文化財9万以上がある

  2011年にしまった第三回全国文化財の全面調査統計データによって、淄博市は今移動不可の文化財2347ヵ所があって、その中には一つの世界文化財遺産がある。それは淄川区、博山区、沂源県を経っている斉長城である。そして、 全国重要な文化財保護機構18ヵ所があって、臨淄斉国故城、博山の顔文姜祠、淄川の蒲松齢の故住宅などを含める。また、105ヵ所の省レベル文化財保護機構があって、市レベル文化財保護機構383ヵ所がある。

  博物館方面では、淄博市には登録した博物館の30ヵ所があって、その中で、国有博物館が18があって、非国有博物館が12がある。淄博市博物館と斉国故城遺跡博物館は2級の博物館とすることを評価されて、蒲松齢記念館は3級の博物館とすることを評価された。 博物館内の収蔵する文化財は計9万余りがある。そのうちに、貴重な文化財3052件(組)、一級文化財187件(組)と2級の文化財は266件(組)、3級の文化財2599件(組)を含めている。

  35ヵ所の文化遺産は「田舎記憶」プロジェクトリストに登録

  淄博市文化財事業管理局局長の宓伝慶にはよって、去年山東は全省に「田舎記憶」プロジェクトを展開して以来、淄博市が『淄博市「田舎記憶」プロジェクト実施方案』を制定して、積極的に「田舎記憶」プロジェクト建設を起動した。今年5月に公表された山東省第一陣「田舎記憶」プロジェクト文化遺産リストには、淄博市が35ヵ所の文化遺産を入選した。その中で、伝統的文化町の2ヵ所、伝統的文化村落とブロック25ヵ所、伝統的な民居の6カ所、田舎(コミュニティ)博物館2ヵ所がある。

  山東エネルギーグループ淄博鉱業会社は文博システム以外の収蔵品が一番多い団体になる

  第一回全国移動でき文化財全面調査で、淄博市は共に55822の移動でき文化財を申告して、今6.7万以上を完成した。今度の全面調査で、山東エネルギーグループ淄博鉱業会社は文博システム以外の収蔵品が一番多い団体になる。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室