中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

淄博炭鉱展覧館の鉱夫の墓は人に震撼させ 平和を珍重すべき

2015/10/30 17:12:12   來源:中国山東網 2015/10/30 17:12:12

  10月30日午前、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアー取材団は淄博炭鉱展覧館を見学した。

  取材団メンバーたちは「北大井透水遭難鉱夫の墓」を見学した。

  取材団マンターたちは写真を撮った。

  これは全国唯一の「北大井透水遭難鉱夫の墓」である。

  10月30日午前、「文化遺産保護」全国メディア斉魯ツアー取材団は山東エネルギーグループ淄博鉱業会社に到着して、淄博炭鉱展覧館に来た。

  悠久歴史の証明と重要な文化陣地として、淄博炭鉱展覧館は1981年7月に建設して開館して、淄博市の最も早い命名した愛国主義教育基地の一つである。 この館は淄博地区唯一の炭鉱展覧館で、開滦グループ博物館と江西安源鉄道鉱工人労働運動記念館とは同じ地位である。そして全国唯一の「北大井透水遭難鉱夫の墓」を設けてあって、全国石炭業界に同じくたびたび多くないこととして、非常に貴重である。

  山東商報の記者は「北大井透水遭難鉱夫の墓」を見学した後、気持ちはとても重いと言った。「侵略者の統治の下に、鉱夫は基本的生命を保障することができません。だから私たちはさらに今平和な美しい生活を珍重すべきです。」撮影=呉蒙 陳斌

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室