中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

「金郷へ観劇に」全国メディアツアー、円満に閉幕

2016/3/4 14:09:57   來源:中国山東網 2016/3/4 14:09:57

  3月1日に、「金郷へ観劇に」全国メディアツアーは山東金郷で起動式が行われた。

  3月1日の午後、起動式の終了後、「金郷へ観劇に」全国メディアツアーは記者会見が開催された。

  3月2日の午前、「金郷へ観劇に」全国メディアツアー取材グループは誠信広場へきて、「鶏黍の約束」という物語を聞いた。

  3月2日に、取材グループは金郷県の羊山鎮、鶏黍鎮、司馬鎮、高河大通りへ行って、近距離で金郷県芝居と曲芸文化の魅力を感じた。

  取材グループは金郷県文広新局の副局長である李紅霞さんを取材した。

  3月3日の午前、「金郷へ観劇に」全国メディアツアーは学術フォーラムを開催して、金郷県の無形文化遺産の保護モデルを検討した。

  3月3日の午後、「金郷へ観劇に 金郷県は『山東省無形文化遺産条例』を貫徹するメディアツアー」の取材活動は各取材任務を遂行して、山東省済寧市金郷県で円満に閉幕した。新華社、光明日報、CCTV、中国文化報、中国旅行報、人民網、新華網、大衆日報、山東放送テレビ、大衆網、斉魯網の30メディアと山東写真庫の契約カメラマン、ニューメディアの代表者たちは三日間で金郷県へ実地取材をして、金郷の豊かな無形文化遺産特に芝居や曲芸を体験した。金郷の「一郷一芸」という保護伝承モデルの成果を感じた。

  TOUCH山東外国人の斉魯優秀伝統文化の体験シリーズもこの期間行われた。日本とインドネシアからの外国友人は取材団と一緒に、金郷で山東地方芝居と曲芸の独特魅力を体験して、自分の感想を記事にした。日本からの遠藤史菜さんは次のように表示した。

  「今回の活動で、中国文化の奥深さを深く感じ取りました。いろいろな専門家が無形文化遺産の保護と伝承についてアドバイスを提出したのファーラムで知りまして、本当に関心しました。日本には無形文化遺産の面に問題があります。日本は中国と交流を強めるべきだと思います。相互でいいことを勉強して、全世界の無形文化遺産を守るために努力しましょう。」

  「金郷へ観劇に」メディアツアー活動は山東省芸術研究院、済寧市文化広電新聞出版局、中共金郷県委、県政府によって主催され、山東省芸術研究院芝居曲芸無形文化遺産保護伝承研究所、中共金郷県委宣伝部、金郷県文化広電新聞出版局、金郷県文化館、曲阜師範大学文学院、中国山東網によって運営されている。

  3月1日の午後、活動が始動後、各メディア従業員と全省無形文化遺産分野からの専門家や学者はと共同で金郷へ行って、無形文化遺産伝承人や民間芸者と近距離で交流しあって、金郷県の無形文化遺産の保護と伝承成果を報道した。金郷県の無形文化遺産保護システムを改善して、金郷県の無形文化遺産保護と伝承の活性化を促進して、「金郷へ観劇に」という文化ブランドと都市名刺の建設によい雰囲気を作り出した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室