中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

イギリス人留学生馬太さん、中国語の「ブラザー」で山東熱情を感じる

2016/4/28 14:26:10   來源:中国山東網 2016/4/28 14:26:10

  イギリス人留学生馬太さん

  馬太さんはイギリスから中国へ留学しに来た22歳の男の子です。今は山東省済南市済南大学で中国語の勉強をしています。

  馬太さんはたくさんの中国人の友達がいます。彼は中国人友達の熱情に深く感動されました。

  中国語を勉強する理由:生活と理想のため

  なぜ中国語を勉強するかと聞かれますと、馬太さんは次のように答えました。一つ目の理由は、イギリスに暮らすコストが高いです。中国に暮らすプレッシャーは比較的に軽いと彼は考えます。二つ目は、馬太さんは将来、外交官になる夢を抱いています。自分の努力を通じて、いつか国家間の関係を改善できると望んでいます。中英両国の経済貿易関係は緊密ですから、両国友好に力を出したがっています。

  山東印象:孔子から方言へなんでもわかる

  政府奨学金を申請する前に、馬太さんはあまり山東のことを知りませんでした。中国へ来た初めての都市は、北京です。

  「この前、中国語を勉強したことがありませんし、中国について、中国カンフーや孔子だけを知りました。去年の9月に、バーミンガムから出発して、北京へ到着しました。その後、山東の済南へ来ました。やや複雑ですが、今はここにいます。」馬太さんはこう伝えました。済南へ来た半年間、中国人と流暢に話せるようになりました。馬太さんは今、もう済南生活にすっかり慣れました。

  一番印象に残ったのは中国語の「ブラザー」という言葉です。「中国人の友人たちは電話するとき、よく『ブラザー』とお互いに呼んでいます。最初はその意味がわかりませんでしたが、聞いていただけで厚い熱情が感じられました。」

  方言にも印象深かったです。方言がとても面白いと馬太さんは考えました。また、山東料理が好きです。「こんなおいしい料理があるからこそ、前より太くなりました」と馬太さんは言いました。

  一年間の中国語勉強を終了したら、馬太さんはイギリスに帰ります。いい機会があるなら、また中国へ来ると望みます。習近平主席は偉いリーダーです。中英両国のいい未来を期待していると馬太さんは言いました。

  中国山東網

関連記事を

写�

主管者:山東省人民政府新聞弁公室