電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

山東省質量協力治めを強化、山東ブランドを立ち上げ

2016/11/28 14:05:52   source:中国山東網

  近年来、ブランド育成と質量強省の建設を強化するため、山東省質量技術監督局は「標準でけん引 質量向上 ブランドけん引 信用保証」の理念に基づき、「山東質量」「山東ブランド」「山東標準」戦略を実行した。それについて、中国山東網の記者は「職人精神 山東製造――開放的山東」オムにメディア取材活動の期間中、山東省質量技監督術局質量処の副所長の孫秀忠氏に独占取材を行った。

  「万千百十」プロジェクトを推進

  供給側改革を推進するため、山東企業種類の増加、品質の向上、ブランドの育成を促進し、製品とサービスの提供水準をより一層引き上げるため、今年9月に、山東省質量技術監督局は全省で質量ブランド向上プロジェクトを実施、省級、市級のレベルで「万千百十」行動計画を推進した。紹介によると、3~5年をかけ、4万社の中小企業の質量管理水準向上を支援。標準・質量・国際認証の向上を基本とし、1000以上のブランド企業と製品を育成。100以上の知名ブランド企業と製品を重点として育成。10の業界、10の区域、10の質量強市ブランドを育成。

  「現在まで、省質量技術監督局は6回の省級中小企業質量ブランド向上教室を開き、大学の教授を招聘し、聊城、済寧、臨沂、済南、イ坊、煙台等の企業担当者と質量管理員に対して三日間の授業を行った。」孫氏が述べた。また、「第13回五ヵ年計画(2016年~2020年の計画)」末までに、質量管理基礎知識を中小企業80%以上の職員、95%以上の管理者に普及させる。

  ブランド育成を強化

  「農業、製造業、サービス業界で、100以上の知名度の高い、ブランド力のあるブランドと製品を育成、よりと多くの山東ブランドを世界ブランドトップ500に入選するようと努力する。」孫氏によると、各地の推薦を受け、山東質量技術監督局は山東知名ブランド製品では45業界の580種類の製品、サービス知名ブランドでは40業界399項のプロジェクト、30の山東良質製品生産拠点の建設の申請を受理した。

  「地域的ブランドの育成では、ブランド合併、資源共用、優位補完の原則の下で、青島城陽区高速列車研究開発製造産業区、煙台蓬莱観光リゾート区、臨沭県複合産業区は国家質量監督検験検疫総局に全国的知名ブランド育成モデル区に命じされ、山東区域的産業のモデルになる。」孫氏によると、現在まで山東省では86箇所の良質製品生産拠点を有して、知名ブランド数は全国二位になった。

  また、山東省は「全国質量強市モデル都市」の入選を目指している。現在までに、青島は成功に入選し、東営、聊城、済寧、煙台、曲阜の5都市は申し込み中。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室