中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

全国初となる時計のインターネットシステムを開発、持久時計

2016/12/5 15:32:14   來源:中国山東網 2016/12/5 15:32:14

  12月2日、?職人精神 山東製造――『開放的山東』オムニメディア取材活動?の記者団は煙台市の持久時計を訪れた。同社7階の監督室で、全国唯一の時計インターネットサービスセンターを見学した。

  時計のインターネットサービスは全国初であり、同システムを活かし、持久グループは世界各地の時計をインターネットで同社の中核コントロール室と結び、遠隔で運営が維持できる。同社の副技師長の史亜平氏は?インターネット、モノのインターネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティング等の技術を通じて、全国の時計と連結し、データの収集と分析、処理を行い、早い段階で処理し、弊社で作られた時計の正しさを確保します?と述べた。

  現在、同社の開発したモノのインターネットシステムは世界30余りの国家、全国32省区の建物時計の運行状態、パラメータを本社に伝わる。同社の職員はリアルタイムで分析、判断、維持、管理することができ、製品の信頼性を30%引き上げ、維持コストを60%引き下げた。

  同社の朱長虹氏によると、現在のインターネット情報技術は伝統時計業界のモデル転換とグレードアップを推進し、時計業界は製品モデルからサービスモデルへの改革をけん引した。

  北京首都空港T3ターミナルは2008年北京五輪大会の重要なプロジェクトであり、T3ターミナルの時計システムの入札では、持久時計は日本精工、Citizenなど国際大手会社を抑えて勝ち、アジアで最大のターミナル時計同期システムを完成した。また、武漢-広州高速鉄道、ハルピン-大連高速鉄道、北京-広州高速鉄道及び上海リニアモーターカーでの時計システムは同社の製品を選んだ。

  持久時計は時計業界がモノのインターネット分野での応用範囲を拡大し、時計同期システムを空港、高速鉄道、地下鉄などの公用領域まで活用し、全国90%以上の空港、85%以上の高速鉄道、70%以上の原子力発電所の市場シェアを奪った他、30余りの国と地域まで輸出した。(撮影:鄭涛)

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室