電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームライフ正文

CHINA公社、カンフー精神で体験文化の集成運営会社を創設

2016/12/6 15:49:03   source:中国山東網

  CHINA公社は山東省青島市閩江三路8号に位置する。外国人から見れば、ここは中国スタイルホテルだが、中国人から見れば、現代感の溢れるホテルである。若者は皆ファッションを体験できるホテル。純粋な中国伝統文化と原生態と後現代主義の混合で、ここは文化体験を導入した総合集成運営会社になる。すべては取締役である牛虎兵氏の文化コンプレックスから始まる。伝統サービス業を媒介とし、いかにして現代文化創意と融合すべきかは命題である。

  牛虎兵氏によると、中国人の職人精神はドイツ人や日本人と違って、ある意味でカンフー精神ともいえる。時間のコンセプトであると同時に、心をこめて修行することだ。CHINA公社を創設するのも、カンフーの理念を活かしたからだ。CHINA公社を創設した当時、彼は文化をテーマにしたホテルを創設すると決め、別のホテルを模倣するのではなく、先進諸国に目を向けていた。おかげで、20世紀80年に生まれたホテルは彼の求めていたモデルと大体一致した。

  後に、彼に求められたことは山東一流と青島独占だった。この定位が明確後、彼はデザイナーを集め、工事を開始した。工事がこれまで順調に進んでいたが、牛虎兵氏にとって、まだ何か足りなかった。20社以上のデザイン会社と50篇以上のデザイン見本が募集されてきたが、全然自分の求めているものではなかった。絶望した。

  半年後、アメリカに留学や就職経験のある中国人の方を友人に薦められた。このデザイナーはまさに牛虎兵にとって理想的なデザイナーだった。中国伝統文化をよく理解し、海外の現代デザイン理念もよく知っている。最終的に百数万元の費用でそのデザイン方案を購入した。

[1][2] 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室