電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

馮希祥:プロ・集中が「創聯工場」の支え

2016/12/6 15:55:40   source:中国山東網

  近年来、創業は人気ワードとなる。起業会社の中で、規模が小さい、資源が乏しい、資本が少ないという社が多くて、それらの会社はコストの低い、効率の高いオフィスが必要だ。?衆創空間(シェアオフィス)?はいくつかの企業会社が一つの事務室をシェアするパターン。2015年に、青島を例として、?衆創空間?を利用した会社が100社に達した。

  青島市市南区に位置する?創聯工場?は?衆創空間?を採用した会社だ。同社は10年前から事業開始し、現在まで、青島、済南、南京、武漢、寧波、杭州など10都市で事業を開拓し、20ヶ所のシェアオフィスを設立し、全国の平均利用率は95%を超え、1万人以上の起業者にサービスを提供した。?集中することは堅持の一つ?、創聯工場の創始者?社長の馮希祥氏は世界で一番いいシェアオフィスをつくることを目指していると述べた。

  馮希祥氏は元公務員で、穏やかな生活をしていた。4年勤めた後、馮希祥氏は仕事を辞め、起業し始めた。起業は美しいが、その過程はとても苦しかった。起業者は孤独で、相談できる人もほとんどいなかったと馮氏は述べた。

  2006年に、馮希祥氏はシェアオフィスの事業を開始。当時、そのようなビジネスパターンがなく、発展モデルや経営経験なども一切なかった。創聯工場は起業前の訓練、政策法規、財務サービス、通用技術サービス、投資サービス、資源統合、製品の市場投入までを企業に支援。

  馮希祥氏によると、中小企業の成長の鍵は投資である。創聯工場を利用する会社に融資のサービスを提供。同社の位置づけは?大家?、?執事?、?軍師?の役を超え、起業会社の?パートナー?、?投資者?になる。

  このほど、青島市科学技術局、財政局及び創聯工場が共同に設立したファンドは成功に成立された。1期の投入資金は1000万元。創聯工場を利用している会社にもいいニュースだと言える。馮希祥氏によると、創聯工場は一つのプラットフォームで、このプラットフォームを利用する会社は協力しなければならない。

  ?革新は企業成長の原動力で、創聯工場にとってもそういうことだ?馮希祥氏は言った。2016年上半期、創聯工場は?020オンラインオフライン全方位サービス?で国内初のオンライン起業プラットフォームを設立した。馮希祥氏によると、オンライン起業プラットフォームはアプリ、ウェーブサイト、ウェーチャット、ウェイボーなどで起業者の起業紹介、情報、製品サービス、個人技能などの情報を公表、国内の有名な専門家、公務員、有名会社の社長を誘致し、オンラインで交流する。

  将来について、馮希祥氏は言った、?創聯工場は2~3年を目処に、オフライン拠点が全国一、二網都市市場をカバーし、オンラインサービス能力をさらにグレードアップし、全国の大中都市をカバー、5年内を目処に、?百城千店?計画を実現、100万人以上の起業者にサービスを提供、中国で一番大きな、人気のある起業サービスグループになり、株式で上場することを目指している。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室