中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

青島、「外国有識者にみる中国のまち」順番づけの4位

2017/4/17 16:37:31   來源:青島政務網 2017/4/17 16:37:31

  4月15日、深せんで行われる第15回中国国際人材交流大会では、国内唯一の選考委員全員が外国有識者となる中国のまちランキング=「外国有識者にみる中国のまち」順番づけ(上位10位まで)が明らかになり、青島は、6年連続でランクインし、上海、北京、杭州に次ぐ4位と過去最高を更新。

  同順番づけは、2010年に発足し、国家外国専門家局より年に1回主催。今回の選考委員会は、ノーベル賞受賞者をはじめ、中国政府友誼賞受賞者、千人計画の外国専門家などから結成されている。

  「青島は、美しい港町で、赤レンガづくりの屋根の建物、生い茂る木々、紺碧な青空はもちろん、近代化と国際化が進んでいて、とても住みよいところです。私は、青島に住んで嬉しい」と選考委員会のメンバーで、中国政府友誼賞の受賞者であるカラール・ヴォンカ氏は投票でコメントしている。

  関係筋によると、今回の選考は、18の指標にわけて行われている。青島は、住み・自然環境、ビジネス環境、行政サービス、創業助成策、まちの整備計画、まちの包容力と公共文明などでかなり高点数を取っており、なかも、住み環境・自然環境では、上海につぐ2位で、公共文明では3位だったという。

  統計により、この5年間、青島に誘致された外国専門家は総勢15,000人、そのなか、長期駐在者はおよそ8,200人もいる。16年、青島に誘致された中国科学院・中国工程院の院士と世界有名科学者36人、トップ人材チーム2つあったという。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室