中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国人の心の中国カンフー

2017/5/11 16:39:54   來源:中国山東網 2017/5/11 16:39:54

  中国武術は中国文化に基づき、戦争を止める技術である。今日、山東大学の4人の留学生は中国山東網「TOUCH山東」活動に参加し、済南育賢小学校を訪れ、太乙門武術の後継の林樹基さんの指導を受け、山東省の無形文化遺産を体験した。中国山東網が伝えた。

  当日午後、林樹基さんは太乙門武術の歴史について紹介した。太乙門武術は山東省で歴史の長い武術である。

  また、林先生は外国人によく知られる猿拳、酔拳をビデオで展示した。太乙門の特技である「二指禅(二つの指で全身の重さで支え)」のビデオを見せ、皆は拍手した。Maleboさんによると、自分はカンフーが好きで、昨年少林寺を訪れたことがあった。今回、太乙門の後継の指導を受けることができ、とても光栄だと思った。

  林樹基さんは今年は60歳、太乙門武術の担当者として、70~80人の弟子を有する。林先生によると、父親の林信齋さんは太乙門武術を受け継ぐため、一生苦労して過ごした。「これは祖先から受け継いだもので、私のものではなく、受け継いでいきます」林先生は父親の話を思い出した。現在、林先生の生徒は各地にいる。また、無料で小学生に教えている。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室