中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

臨朐の鉄花の秘密を探り

2017/8/15 11:19:31   來源:濰坊政務網 2017/8/15 11:19:31

  鉄花を打つ民間の娯楽活動は主に冬季に行なわれる、元宵節で最高潮を迎える。鉄花を打つのは夜間に多いことで、場所は村落の周辺や野外が多いである。

  鉄花を打つのは技術綿密の師匠である。道具は3、5個の鍛冶屋の炉、長い取っ手の鉄製玉じゃくし五つ、長い取っ手の板五つ、手動鞴が3、5個、黄色いクレーの釜三つ、15キロから25キロの木炭、銑鉄の屑、銅の屑、アルミの屑がそれぞれの7.5キロ、穀の糠5キロである。鉄打ちショ-が始まると、銑鉄の屑、銅の屑、アルミの屑をクレーの釜のなかに入れて、鞴を使って焼く。金属が溶けると、炉師匠が鉄製の玉じゃくしで金属の汁を汲み、穀の糠の置いてある長木の板に出し、鉄花を打つ師匠が足早に走って入場してくる。板の両端を握って揺らし、金属の汁を空中にあげる。汁液が落ちてくるのを待たずに板を凄い力でを振り上げ、鉄花を空に打ち返す。燦然たる火花が満天に飛び舞う。4、5人の師匠が走り回って、絶え間なく板で火花を空中に撃ち散らす。紅、青、銀色、金色の火花で空や村が一面に光り輝いている。観衆が拍手、歓呼し、10分から15分続く。この古風で質朴、壮観な娯楽活動はまさしく勇敢者しかできないものと言えよう。

  濰坊政務網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室