中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

イ坊臨朐を訪れ、いろいろな奇石を鑑賞に

2017/8/15 11:24:20   來源:濰坊政務網 2017/8/15 11:24:20

  臨朐県に丘が多くあり、地質構造は複雑で、燕山が成形した高角度断裂を中心に、その次は皺寄せ構造である。岩には主に片麻岩、混合花崗岩、砂質灰岩、灰砾岩、玄武岩などがある。豊かな珍しい石資源を埋蔵している。

  紅糸石はカルシウム質の細い砂岩で、顆粒が平均していて、質が硬く、潤いがある。色彩は多種多様で、それぞれ異なっている。木目天成し、千姿百の態を呈している。赤地に黄色の絹糸、紫紅の地に褐色絹糸、紅の褐の地に紫絹糸、紫地に黒い絹糸など、とりわけ黄色い地に紅絹糸、紫紅の地に褐色絹糸が上等品となる。

  --臨朐彩石は沈澱の岩に属して、その石は堅く細く脂っこい、石玉の混合が自然で、構造は奇妙である。

  --臨朐の太湖石は域内の内側南西部山地に分布している。色は青、赤、黄色が多く、型は痩せ、漏れ、皺寄せ、透、秀が上位を占める。形態が生き生きしていて、美しく自然、古風で質朴、典雅、妙趣に満ちている。

  --臨朐の紫金石は鎮宅、魔よけ、お守りになるという説がある。人々に好まれる。この石は紫色を呈して、間に青緑紋様、豆緑色の丸い眼があって、瞳の子を含んで、目が3、5層、日に当てると、部分的にが銀星が浮んでくる。

  --これ以外にも、亀石、竹線石、燕子石、千層石、鍾乳石、沂山石、嵩山玉などがある。当面までに、十数種類、八十数種が発見されている。綺麗で神秘的、観賞、実用的価値は非常に高い。

  濰坊政務網 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室