中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

400年の歴史を持っている聶家荘の泥玩具

2017/8/15 11:40:39   來源:濰坊政務網 2017/8/15 11:40:39

  密泥塑はすでに400年余りの歴史がある。明朝の隆慶、万暦の時、こちらの農民達は自分で泥を使って、「鍋の子の花」(分厚い泥石ともいう)という花火を設計し、作り、販売した。以後また火薬を詰める泥地の容器を赤ちゃんの型に作り、花火を打ち揚げた後に再び玩具や装飾品として飾る。この塑像の品種はしだいに多くなり、「虎、獅子、猿、仔犬、仔猫、鶏、アヒルなどの動物もあれば、「白蛇伝」、「孫悟空」、「七夕伝説」などの伝奇の談もある。色々な色を塗り、生き生きとしている。塑像は花火の付属品ではなく、民間の手作業芸術品になった。清乾隆の時、聶家荘の塑像はまた楊家埠年画の芸術特徴を参考にし、手法上と着色で改良した。徐々に音声効果と局部動作、吏の声、色艶、動作の一体化を図った。「山集」の度に、泥玩具を売られることがある。民間では「子は泣く、母親を探す、母親が泥玩具を買うと、子はハハハ・・・」と言い伝えられていた。当時の泥玩具が子供たちに大人気であることを伺える。現在、それはすでに一種の民芸として残され、保何度も国内外に展示することになった。

  濰坊政務網 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室