中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

魯能知能「三つの柱」布石 新原動力の「スマート」製造

2017/9/12 8:47:19   來源:中国山東網 2017/9/12 8:47:19

  取材グループが魯能知能技術有限公司展示ホールを見学

  現在、山東省は新旧原動力モデル転換の重要時期にある。済南高新区は済南市新旧原動力モデル転換の先行モデル区だ。ここで、一連の新技術、新業態、新モデルのイノベーション型企業は国内スマート製造産業発展のリーダーとなり、山東魯能知能技術有限公司(以下:魯能知能)はその一つだ。国家電網山東省電力公司の完全子会社として、魯能知能は電力ロボットと新エネ分野で業界トップを維持している。

  知能整備と新エネ業界の中で、イノベーションは企業の発展の保証だ。現在、魯能知能が国家級工業デザインセンター、国家企業技術センター、国家電網公司電力ロボット技術重点実験室など10項目の資格を持っている。科学技術部の84項目のプロジェクトを担当している。

  5代目の変電所巡回検査ロボット

  国内電力専用ロボット業界のリーダーとして、魯能知能は革新、開発、製造を強化し、変電所巡回検査ロボット、架空電線路帯電作業ロボット、配電回路帯電作業ロボット、電動車電池交換ロボットなど20余り種類の「電力ロボットファミリー」を有している。

  また、新エネ産業の面では、魯能知能の新エネ事業は国内上位を維持している。直流充電スタンド、交流充電スタンド、充電コントローラ、BMSなどの生産ラインを完備し、充電スタンドは国内市場で最大なシェアを占める。

  新技術製品を革新する他、魯能知能は電気自動化分野の事業を拡大し、同分野で一流のサプライヤーの地位を維持している。

  技術の製品の革新のほか、魯能知能はお客様に優れたサービスを提供する。現在、同社のロボット及び自動化設備テストセンター、ドローン操縦トレーニングセンターは企業の二つのブランドになった。

  済南高新区に位置する山東魯能知能技術有限公司電力知能ロボット生産拠点は現在で国内最大規模の電力ロボット産業化拠点だ。

  魯能知能は機械と設備を完全化することで、開発ぷラットフォームなどのインフラ建設を強化し、開発、デザイン革新にいい土台を提供する。2016年9月、高新区ICT産業パークに位置する生産拠点は稼動した。敷地面積は30ムー(2万㎡)、建築面積は32669 ㎡、国内で最大の電気ロボット産業化生産拠点だ。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室