中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東景陽岡酒業:新旧原動力転換で企業の新発展を推進

2017/9/13 11:48:10   來源:中国山東網 2017/9/13 11:48:10

  9月12日、新原動力 新発展--『開放的山東』オムニメディア取材活動が山東景陽岡酒業有限公司に迫った。

                         取材団が景陽岡美酒を味わった。

                         取材団が一緒に写真を撮った。

  山東景陽岡酒業有限公司は聊城市陽谷県に位置して、1950年に建てられて、山東省食糧酒の重点な生産企業である。「景陽岡酒 英雄の酒」というブランドのイメージでよく知られている。9月12日、新原動力 新発展--『開放的山東』オムニメディア取材活動は山東景陽岡酒業有限公司に迫り、この企業が伝統的な原動力を改造・グレードアップ、新原動力を育成・発展、新旧原動力転換の発展過程が分かった。中国山東網が伝えた。

  了解によると、山東景陽岡酒業有限公司は山東省食糧酒の重点な生産企業である。近年以来、会社は会長の趙伝新氏の指導により、企業が新原動力を発展することを育成・加速し、更に市場の活力を呼び起こし、革新によって企業の発展を駆動する戦略を深く実施し、企業の技術革新・生産モード革新と管理革新を重視することを推進し、ユーザーの需要構造グレードアップにより良く適応する。一方で、会社に対する総合的な改造・向上を通じて、酒場の活力と発展レベルを着実に強化し、企業の発展をけん引した。質量向上・市場マーケティング・深度管理という三つのテーマに巡り、各項の任務を展開し、「品質で造酒工場を振興」戦略を全面的に実施し、企業が製造から創造へ・速度から品質へ・製品からブランドへの転換を推進し、製品質量が根本的に向上されて、市場の反響が良かった。

  文化の内容を深堀り、ブランドの力を向上

  ここ数年、山東景陽岡酒業有限公司が自社文化の掘り出しと革新を特別に重視して、主導的産業を穏やかに発展していたと同時に、文化作業を大く発展して、景陽岡酒道館・千秋陽谷文化園・水滸文化長廊・復古酒蔵生産基地・景陽岡陳年酒庄・明清酒坊を建設して、工業生産と文化観光を合わせる発展の道を形成して、企業の経済利益と社会利益が共に向上することを実現した。2011年山東省文化庁の「山東省文化専業モデル基地」に入選、2013年山東省政府の「山東省無形文化遺産」に入選、山東省委宣伝部・山東省発展改革委員会・山東省財政庁の「山東省重点文化産業項目」に入選、山東省観光局の「山東省工業観光モデル拠点」に入選した。

  「会社+基地+農戸」の酒原材料産業化モード

  生産過程において、景陽岡酒場が酒原材料の重要性を深く知っているので、3000ムーのコウリャン栽培基地を科学的に計画した。それと同時に、コウリャン栽培基地を主として、多種の農作物の栽培面積を拡大し、生態農業観光項目を作りあげ、農業観光・摘み・レジャーの一元化の現代農業モデル団地を建設した。

  技術革新を強化 質量管理を重視

  製品質量が企業のコア競争力である。2015年で「品質で工場を振興」戦略を全面的に実施してから、景陽岡酒場全員の品質意識が明らかに向上され、製品品質が根本的にアップされて、市場の反響が良かった。2016年5月、企業の「四つ基準体系」建設が完成され、企業の総合的な管理レベルが推進されて、特別に質量管理レベルの更に向上することが実現された。酒場も山東省食品工業発酵研究院・聊城大学質量学院など高校・科学研究院と協力して、企業科学研究基地を建設して、製品品質の穏やかな向上を推進した。

  マーケティングモードを革新 市場戦略を実施

  厳しい白酒の市場競争において、山東景陽岡酒業有限公司が「市場が絶えずに変化」という意識を樹立し、変化と発展の視点で市場発展傾向を研究し、マーケティングメカニズムを革新し、市場資源を最適化・統合し、市場戦略を実施していた。マーケティングモードを革新すると同時に、山東景陽岡酒業有限公司が製品構造に対する調整と整理を強化して、戦略的製品を作りあがて、企業製品力を向上させた。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室