中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

料理の腕前競う「第27回中国厨師節」 重慶で10月開催

2017/9/14 8:39:30   來源:中国国際放送局 2017/9/14 8:39:30

  第27回中国厨師節の記者発表会

  全国各地の料理人が集まる第27回中国厨師節(料理人コンテスト)が10月13日から15日にかけて重慶市の重慶南坪国際センターで開催されます。

  中国厨師節は中国料理協会が主催するもので、国内の飲食業全体にとっての象徴的な大会として、年に一度、盛大に開催されます。

  今回のテーマは「職人精神」で、飲食業界において長らく大切にされてきた「師徒伝承」(師から弟子への伝承)の伝統に、この「職人精神」を融合させることが求められます。

  今大会の目玉として初めて登場するのが殿堂入り制度です。殿堂入りの基準について、中国料理協会の姜俊賢会長は「第一期となる今回、殿堂入りできる料理人の数は50名から80名を予定している。その基本条件は実務経験が50年を超え、年齢が70歳以上であることだ」と示した上で、「傑出した元老級の料理人代表を審査、認定し、記録書類の作成などを通して師弟伝承制度の標準化を図る。『職人精神』を発揚させ、料理人の模範的な指導を確立していく」と話しました。

  姜会長はさらに、「中華文化の海外進出戦略において、飲食文化は重要なソフトパワーだ。中国料理協会は今年、ユネスコ本部の所在地であるフランスのパリと、国連本部のある米ニューヨークで料理フェスティバルや飲食文化交流イベントを開催した。今後も引続き、中国料理の文化をさらに広い国際舞台へと推し進めていく」と述べています。

  記者発表会に出席した重慶市商務会の責任者は、「第27回中国厨師節の3日間の開催期間中には、『重慶小麵』の授賞式、殿堂入りの発表、2017年度最高栄誉料理人賞の授賞式典といった催しも行われる。重慶市は中国西部において、飲食の長い歴史と深い文化を持つ都市である。『一帯一路』構想の全面的な推進を背景下に行われるこの大会によって、重慶市の飲食業界の新たな発展の機会がもたらされることを期待している」と示しました。(取材・写真:趙雲莎)

  中国国際放送局

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室