中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

聯泓新材料がハイエンド製品でモデル転換・グレードアップを行い

2017/9/14 14:23:56   來源:中国山東網 2017/9/14 14:23:56

  9月13日午後、「新原動力 新発展-『開放的山東』オムニメディア取材活動」取材団は聯泓新材料有限公司(以下:聯泓新材料)を訪れた。中国山東網が伝えた。

  新材料は我が国の7大戦略的新興産業と「中国製造2025」重点発展10大分野の一つとして、重要な基礎的、先導的産業だ。現在、全体から見ると、我が国の新材料の自給率は65%で、ある製品の国内自給率は10%で、特に、合成材料のハイエンド製品はさらに少ない。

  聯泓グループの会長、聯泓新材料の鄭明月CEOによると、聯泓新材料は新材料の生産を主として、ハイエンド新材料とファインケミカル分野に位置づけ、国内生産量の多いメタノールを原材料とし、高付加価値のアルケン深加工製品を生産するチェーインとなる。製品は建築、塗料、ケーブル、弁同箱、靴の原材料などの分野に用いられ、輸入材料の代わりに、国内の空白を埋める。

  「私たちは中国で生産能力の高いメタノールを原材料とし、付加価値の高いエチレン、アクリルを生産し、輸入依存度の高いハイエンド新材料製品を加工し、消費グレードアップの需要を満たし、供給側改革の要求に適応し、原油への依存度低減にも重要な意義を持っている」と鄭明月氏が言った。

  「国内経済構造の調整に伴い、聯泓新材料は新工芸、新技術、新製品を活かし、生産ライン構造を調整してハイエンド市場のニーズを満たし、バリュー・チェーンを向上し、新原動力を育成、新材料産業のグレードアップを加速する」鄭明月氏は言った。

  紹介によると、聯泓新材料は開発、生産、販売、アフターサービスを一体化とする共同発展の産業布石を設置する。

  聯泓新材料は国内ハイエンドの弁当箱の原材料(高融着性ポリプロピレン)の最大のサプライヤーで、ケーブル業界の原材料高VAのEVA製品の最大のサプライヤーだ。多くのセグメントのリーダー企業と取引関係を保ち、米州、欧州、アフリカ、アセアン諸国などの地域まで輸出した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室