中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

魯南製薬が人材育成・革新能力を強化 主流な医薬企業新高地に作り上げ

2017/9/14 15:17:29   來源:中国山東網 2017/9/14 15:17:29

14日、「新原動力 新発展--『開放的山東』オムニメディア取材活動」は魯南製薬グループに迫った。

  14日、「新原動力 新発展--『開放的山東』オムニメディア取材活動」は魯南製薬グループに迫った。「企業の競争は結局人材の競争である」。魯南製薬グループは人材が企業発展に対する重要性を意識し、人材が育ち・育成することを企業経営の最高の目標として、企業の自主研究開発の能力と革新の能力を向上させる。中国山東網が伝えた。

  人材を育つ 企業の自主革新の能力を向上

  今、グループは既に6000人余りの専門技術人材を導入し、従業員総数の80%を超えた。うち、博士が30人余り、修士が1000人余り。科学技術が第一の生産力で、自主革新が第一の競争力である。1998年、魯南製薬グループが華東理工大学と共同に「魯華生物技術研究所」を創立、2002年、山東大学と共同に「山大魯南天然薬物研究院」及び「山大魯南超臨界流体研究所」を創立した。2004年9月、重慶富進生物医薬有限公司を買収して、生物技術研究の子会社とした。それと同時に、魯南製薬グループが「生産・教育・研究」一体化モデルを推進した。

魯南製薬グループが末端科学技術スタッフを育った、自主研究開発能力と革新能力を向上させた。

  科学的な環境保護措置を行い 医薬企業の社会責任を実践

  近年以来、魯南製薬グループが環境に対する保護・監督管理を逐次に強化し、一連の科学的、厳密な規則制度を設定し、それに適応する生産責任を明らかにした。企業の従業員に環境保護トレーニングをし、源大本で環境破壊を抑制しようと努めて、製薬企業の社会的責任をよりよく履行していた。

  製薬企業の環境保護教育を強化し、「グリーン化」が逐次に企業のコア文化に溶け込まれるのは現実生活の各方面で体現した。環境保護の意識を自身行為に転化するこそ、企業のすべての従業員が環境保護の意識を持ち、グリーン製薬企業を造り上げる目標が本当に実現される。園林化・生態化という企業の発展目標を確定してから、魯南製薬が「青空緑水」を守ることを企業の建設原則と目標にした。

  公益に熱心、会社に報いる

  「社会に福祉をもたらす 幸せな生活を創造」は魯南製薬グループが経営の趣旨である。グループが「安全・質量・環境保護」を企業管理の基本的な要求として、革新駆動型・資源節約型・環境友好型・安全保障型企業を建設することを発展の目標として、ずっと社員・社会・環境に対する社会的責任を引き受けて、積極的に富を創造することと同時に公益事業に熱心し、社会に創造的な価値を努力し、社会的責任を引き受けていた。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室