中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東臨工:新旧原動力モデル転換を加速 国際市場を開拓

2017/9/15 9:34:25   來源:中国山東網 2017/9/15 9:34:25

9月14日午後、「新原動力 新発展―『開放的山東』オムにメディア取材活動」取材団は山東臨工工程機械有限公司に迫った。

取材グループは山東臨工を訪れた。

  これからの5年間は山東省経済のモデル転換・グレードアップの重要な時期だ。山東省発展改革委員会党組書記・主任の張新文は、このチャンスが非常に短く、容易なことではなく、今回はこのチャンスを掴んで、新旧原動力の転換を推進、奨励・支持政策を作成、省内の生産能力と装備の海外進出を積極的に行い、山東省の産業モデル転換・グレードアップを促進すると指摘した。

  山東臨工の国際市場対策は山東省の対策と一致する。山東臨工総裁の孟生氏によると、現在、建工機械は発展の重要な時期に恵まれ、輸入出会社が新たな挑戦を受け、内部の管理を強化し、効率を引き上げる。区域市場を分け、クライアントのニーズに注目、市場競争力を引き上げる。

  2016年、山東臨工は各地域の状況に応じて、異なる措置を取った。東欧地域では、ロシア遠東地域林業の状況に対して、市場調査を強化し、小型ローダの市場を広げた。ベトナム市場では、セメント業界の需要に対して、セメント会社と協力した。中央アジア市場では、鉱山企業、大型企業に注目し、製品をカザフスタンの鉱山に導入し、大型企業と取引関係を設立した。2016年、山東臨工は海外市場で大きな成果を収め、4年連続でローダ輸出の売上高は業界のトップを取り、うち、「一帯一路」沿線国市場への売上高増加値は6割を占め、国内主要な建工機械輸出企業になった。

  「一帯一路」建設の推進に伴い、建工企業に多くの輸出機会をもたらした。前年同期比、山東臨工海外市場の販売は明らかに増加し、79ヶ国の市場に進出した。

  2017年6月、山東臨工ブラジル工場で生産した1000台目の掘削機がラインオフし、同社は製品輸出から技術と標準の輸出への転換を実現した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室