中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

日本メディア:中国の高速鉄道が世界最速

2017/9/25 8:59:35   來源:チャイナネット 2017/9/25 8:59:35

  「中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開し、世界最速の称号を奪還した」。日本共同通信の21日の報道によると、中国は、国内で新路線の建設を急速に推進すると同時に、海外への売り込みも強化し、鉄道分野でも世界をリードしようとはかっている。

  報道によると、ある50代の男性は、北京で列車に乗り込み、高速鉄道が時間通りに上海に到着した後、「1990年代に日本で新幹線に乗ったときは驚いたが、今は高速鉄道だけでなく各分野で中国の方が先を行っている」と語った。

  報道によると、最新の「復興号」の列車には、自主開発した技術が多く使われ、安全性が全体として上がっている。

  2016年末までに、中国の高速鉄道の総距離は約2万2千キロに達した。中国の高速鉄道の営業キロは世界の高速鉄道の総営業キロの60%以上に達し、世界のトップに君臨している。中国各地では現在も新路線の建設が進んでいる。

  日本メディアは、高速鉄道はさらに、中国の提出した「一帯一路」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)イニシアティブの推進にも積極的に利用されていると伝えている。中国の高速鉄道は、列車の速度や、高原や寒冷地など各種の地理的条件に対応できる技術力によって、日本の新幹線などとの受注競争を有利に進めている。

  「中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開し、世界最速の称号を奪還した」。日本共同通信の21日の報道によると、中国は、国内で新路線の建設を急速に推進すると同時に、海外への売り込みも強化し、鉄道分野でも世界をリードしようとはかっている。

  報道によると、ある50代の男性は、北京で列車に乗り込み、高速鉄道が時間通りに上海に到着した後、「1990年代に日本で新幹線に乗ったときは驚いたが、今は高速鉄道だけでなく各分野で中国の方が先を行っている」と語った。

  報道によると、最新の「復興号」の列車には、自主開発した技術が多く使われ、安全性が全体として上がっている。

  2016年末までに、中国の高速鉄道の総距離は約2万2千キロに達した。中国の高速鉄道の営業キロは世界の高速鉄道の総営業キロの60%以上に達し、世界のトップに君臨している。中国各地では現在も新路線の建設が進んでいる。

  日本メディアは、高速鉄道はさらに、中国の提出した「一帯一路」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)イニシアティブの推進にも積極的に利用されていると伝えている。中国の高速鉄道は、列車の速度や、高原や寒冷地など各種の地理的条件に対応できる技術力によって、日本の新幹線などとの受注競争を有利に進めている。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2017年9月22日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室