中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

百度のスマート翻訳機、日本に上陸

2017/9/25 9:05:05   來源:チャイナネット 2017/9/25 9:05:05

  中国語・英語、中国語・日本語などの翻訳モードから自動で言語を認識し、ボタン一つで翻訳する。さらに携帯電話やパソコンなどのデバイスに、Wi-Fiサービスを提供する。日本の名古屋市でこのほど開催された第16回機械翻訳(MT)サミットで、中国の検索大手・百度の呉華技術委員会代表が自社の機械翻訳の最新研究成果を紹介し、会場で「百度智能Wi-Fi翻訳機」のデモンストレーションを行った。

  呉氏は同翻訳機の中国語・日本語対話翻訳機能を紹介した。名古屋の観光スポット、最も便利な交通ルートなど、翻訳機は流暢かつ正確な双方向翻訳により、多くの来場者を驚かせた。日本の観光業界関係者である桜田和之氏は「日本初の使用者になれ光栄だ。この翻訳機は実に素晴らしい」と賞賛した。

  同翻訳機は中国語、英語、日本語など各種言語に対応している。ユーザーが対話時に翻訳言語の種類を設定し、ボタンを押しながら話すだけで、同翻訳機は話している言語を認識し、対応する言語での翻訳結果を自動的に出す。従来の翻訳機の場合、違うボタンを押して中国語・英語もしくは英語・中国語のモードを選択する必要があり、操作が面倒だ。同翻訳機は効率を大幅に向上させた。

  同翻訳機には、世界80カ国以上のモバイルネットワークのパケットが入っており、電源を入れると自動的に4Gネットワークに接続される。従来の翻訳機のようにSIMカードを挿入してネット接続する必要はない。

  百度は同翻訳機の名称を発表していないが、今年10月に中国で発売し、来年春には日本でも販売する見通しだ。

  18日開幕22日閉幕の同サミットで、百度、Google、マイクロソフトの3大手が集い、神経ネットワーク翻訳技術の現状と未来の発展について語り合い、現代機械翻訳分野の最高水準を示した。呉氏は「翻訳と音声、画像、ハードなどの技術との深い融合により形成されるマルチモデル翻訳は、未来の重要な発展方向になる」と話した。

  「中国網日本語版(チャイナネット )」 2017年9月22日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室