中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

国営ベトナム通信社記者の趙永河氏:山東へ来るたびに新たな変化を発見

2017/9/26 13:19:02   來源:中国山東網 2017/9/26 13:19:02

国営ベトナム通信社記者の趙永河氏が景陽岡のお酒を飲んでいた。

  「今回は2回目の山東の旅で、毎回山東へ来ると、新たな変化と進歩を発見します」と国営ベトナム通信社記者の趙永河氏が言った。「新原動力 新発展―『開放的山東』オムにメディア取材活動」を通じて、山東の企業が新旧原動力転換、経済のモデル転換・グレードアップの面での努力を少し分かってきたと言った。中国山東網が伝えた。

  趙永河氏が中国で就職したのは2年目なのだが、中国で学部と院生の留学生活を送ったので、一名の中国通だ。明るい趙氏によると、暇な時、歌を歌うことが好き、中国の国球の卓球が得意だ。

  山東に対する印象はと言うと、趙氏は「山東省は孔子・孟子の故郷なので、その上、文化大省、経済大省、工業大省です。今回の取材を通じて、山東省は経済、科学技術の面での優位性や将来の未来図が見えます」と言った。

  「たとえば、取材の一日目で、山東魯能知能技術有限公司を見学し、企業の科学技術の発展に深い印象を残し、同社が生産したロボット商品は国際先進的レベルに達しました」と趙氏は言った。

  「科学技術の発展は経済の進歩をけん引し、住民の生活水準と習慣も変えます」趙氏によると、記者として、中国の優秀なる企業のイノベーション・発展モデルを宣伝する責任があり、ベトナムの企業を優秀なる企業の発展モデルを学ばせ、国の発展の住民の生活水準を引き上げる。

  「今、一部の山東の企業はベトナムの企業と提携の関係を維持し、機械設備の生産企業などは加工設備をベトナムまで輸出した」趙氏は将来、山東省とベトナムの提携するチャンスが多く、自分の責任が重く、宣伝を引き続き強化しなければならないと指摘した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室