中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

タジキスタン「友情」誌カメラマンのSADULLOEV SHEROZ氏:多くの中国産品をタジキスタンに輸出してほしい

2017/9/28 13:38:19   來源:中国山東網 2017/9/28 13:38:19

 

SADULLOEV SHERO氏(左一)

  「見学した過程で、中国企業の産品の品質が高く、労働者が勤勉に働いて、仕事に熱心、管理に秩序があった。中国の先端な技術、開放的な政策はタジキスタンが勉強すべくところです」とタジキスタン「友情」誌カメラマンのSADULLOEV SHEROZ氏が言った。中国山東網が伝えた。

  9月11日―15日にまで、「新原動力 新発展--『開放的山東』オムニメディア取材活動」が山東省で開催した。タジキスタン「友情」誌カメラマンのSADULLOEV SHEROZ氏が取材団のメンバーとして、五日の時期で済南、聊城、済寧、臨沂、日照という5つの都市へ来て、一部の企業、産業団地に対する深く取材をした。

  了解によると、SADULLOEV SHEROZ氏はカメラマンの仕事に22年勤めて、「友情」誌で5年の仕事経験があって、積極・活躍、仕事に真剣な記者である。SADULLOEV SHEROZ氏がイラン、ウズベキスタンなど国家へ撮影・取材することがあった。彼が記者として、目で見て、耳で聞いて、自分の心に従うと思う。「友情」誌のたくさんの素晴らしい写真は彼が摂った作品だ。

  「友情」誌が創刊してもう60年で、国際の交流を発展・強化し、国家「友情」の重要性を強調するのは「友情」誌の趣旨である。同誌がタジキスタン語、ロシア語、英語で広く宣伝し、タジキスタンとほかの国家の文化交流やお互い理解することに対する積極的な推進の作用を果たした。うち、中国と協力する内容がたくさんあって、中国とタジキスタンの友好関係に取り込んでいる。

  今回はSADULLOEV SHEROZ氏が初めて中国・山東に来て、以前が中国の歴史・哲学を了解したことがあって、中国が今までに発展したのは偉い奇跡だと思った。タジキスタンでたくさんの人が中国語を勉強し、中国の観光客もいる。

  「見学する過程で、中国企業の産品の品質が高く、労働者が勤勉に働いて、仕事に熱心し、管理に秩序あった。タジキスタン工業の発展が遅くて、今の企業が基本的に中国・タジキスタン合弁企业で、中国からの支援を受けて、今徐々に速く発展している。より多くの中国産品をタジキスタンに輸出させ、両方が友好に協力してほしい」とSADULLOEV SHEROZ氏が言った。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室