中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

山東省:2017年末まで全省が300ヵ所の湿地公園を建設

2017/10/10 13:13:55   來源:中国山東網 2017/10/10 13:13:55

  今年2月、山東の最も美しい湿地リストが公布された。済西湿地、微山湖湿地のほか、青島少海国家湿地公園、淄博桓台馬踏湖国家湿地公園、黄河デルタなど28ヵ所の湿地が入選した。うち、黄河デルタが国際重要湿地に選ばれて、微山湖国家湿地公園が「中国十大最も美しい湿地」に評価された。斉魯晩報が伝えた。

  実際に、山東省の湿地がこの30ヵ所だけじゃない。現在、山東省の湿地総面積が173.75万hm²で、全省の国土面積の11.09%を占めて、全国の7位になった。うち、近海と海岸湿地が72.85万hm²で、全国1位で、川湿地が25.78万hm²で、湖湿地が6.26万hm²で、沼沢湿地が5.41万hm²で、人工湿地(库塘、送水川、水産養殖場、塩田など)の面積が63.45万hm²がある。東営、イ坊、煙台、浜州、済寧、青島、威海の湿地面積がそれぞれ10万hm²を超えて、7都市の湿地面積が全省湿地面積の82.58%を占め、山東省湿地の集まった区域である。全省で23ヵ所の湿地類型自然保護区、200ヵ所余の湿地公園を建設して、うち65ヵ所の国家級湿地公園、126ヵ所の省級湿地公園があった。

  全省44%の野生動植物が湿地で生存していて、名実ともに備わった「動植物遺伝子庫」である。全省の湿地で、111科389属684種の高等植物で、699種類の高等脊椎動物を有している。うち、12種類の国家I級保護動物、55種類の国家Ⅱ級保護動物があった。

  今年年末までに、全省が300ヵ所の国家・省・市級湿地公園、20ヵ所の国家・省・市級自然保護区を建設する予定。自然湿地保護率が60%に達し、90%以上の重点的な野生動植物が保護される。2020年までに、湿地保護率が70%以上に達する予定。

  中国山東網 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室