中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

日照、莱蕪が国家森林都市に

2017/10/11 14:13:52   來源:中国山東網 2017/10/11 14:13:52

2017年中国森林都市建設座談会が承徳で開催された。

  山東省林業庁によると、10月10日、2017年中国森林都市建設座談会が承徳で開催された。全国で19の都市は「国家森林都市」という称号が授与され、日照市、莱蕪市が「国家森林都市」という称号を獲得した。中国山東網が伝えた。

  2009年、威海が山東省の初めての国家森林都市になって、2014年淄博、棗荘、2015年済南、青島、泰安、2016年イ坊、煙台がそれぞれ成功的に国家森林都市を創設した。今年の日照・莱蕪を加えて、今までに、山東省の国家森林都市が11ヵ所で、全国で2位になった。

  山東省委・省政府が国土の緑化事業を高度に重視して、特に国家の森林都市を創設する活動が展開してから、「創森」作業が国土の緑化、生態環境を改善、生態文明を建設することを突破口になった。森林都市を創設するのは山東省全社会弁林業の効果的な手段になって、造林緑化の歩みを加速、都市のグリーン建設と発展を促した。森林生態文化は社会全体で普及して、「金山銀山を求めて、緑水青山も求める」が各級党委、政府の新しい政務を執る理念になった。

  三年以来、日照市が39.3万ムーの新造林を完成して、年平均増加率が1.63%に達した。都市の建成区で緑化カバー率が44.98%に達し、381ヶ所の各類公園緑地を建設、主城区で人当りの公園緑地の面積が23.51平方メートルに達した。

  今までに、莱蕪市が18.4万ムーの新造林を完成して、森林のカバー率が36.02%で、城区の緑化のカバー率が43.3%で、人当りの公園緑地の面積が18.47平方メートルになった。

  今聊城、済寧、浜州、荷沢など都市が国家森林都市を積極的に創設している。鄒城、曲阜、滕州、膠州など県級市が国家林業局に批准され、国家森林都市を創設し始まった。東営市が今国際湿地の都市の創設することを申告している。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室