中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

お茶作りに没頭 初心を忘れず——日照聖谷山茶場会長の高建華氏への取材

2017/10/12 11:29:42   來源:中国山東網 2017/10/12 11:29:42

 

    聖谷山――半生を越える「会う」

  聖公山が聖人の項橐氏を育、また聖谷山茶の文化遺伝子を滋養している。十五年の期間で、聖谷山がゼロから山東茶の看板にまでなり、所々に良く勉強し、謙虚な文化素養を体現していた。

  聖谷山にはたくさんの「山東第一」があった。山東著名商標、山東ブランド名誉称号が獲得されたことがあって、2005年のミラノ万博で「百年万博中国名茶金ラクダ賞」を得た。二つのオークションがひときわ目を引いた:2005年、聖谷山の出品した100グラムの日照緑茶が2.6万元のオークション価格で取引され、2011年、聖谷山の出品した500グラムの「氷心雪」茶が19.8万元のオークション価格で取引した。

  茶道―茶を製造するのは人間になるように、品質が大事に

  薬材、食材のように、お茶の品質は茶園の品質、地理位置からの影響を受けて、大気、土壌、水、気候を含める。またお茶の品類及び茶園の管理方式もお茶の品質を影響すると高建華氏が指摘した。

  聖谷山は2006からお茶を栽培し、2009年から有機認証が始まって、三年を経て、2012年方円有機認証に合格し、2014年アメリカ雨林認証に合格し、2017年EU有機認証を始めた。

  言えることは、聖谷山が山東農業大学茶学系の協力で日照紅茶の開発を成功し、2009年山東省最初の工業生産許可書を得た。33年燗日照が緑茶だけを生産していた歴史を変えて、高建華氏が今までに自慢と思った。

  「茶小凡」―「茶二代」が職人精神を伝承

  ブランドの生命力が企業に与えられるみたいに、実際に消費者の心に根付いた。消費者が口でブランドを伝えて、貨幣でブランドを選んでいると高建華氏が言った。

  今までに発展したのは、聖谷山がもう数十個の商標が有した。うち、聖谷山、氷心雪、雲巻、魯氷花などを含め、東夷、茶小凡など商標が未だに設計している。商標ごとに異なるランクがあって、異なるターゲット対象と市場を細分した。

  「私の願いは山東茶を作るだけじゃなく、未来に向けて、もっと多くの中国茶を世界に広めることです。これは何世代もの努力を必要で、私には自信があって、根気もある。」と高建華氏が言った。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室