中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国友人が拓片工芸を体験

2017/11/6 13:59:13   來源:中国山東網 2017/11/6 13:59:13

  11月1日、中国山東網「感知山東」活動(外国友人の中国伝統文化を体験する活動)が済南寛厚里にある漢字記憶空間・石敢当摩崖芸術に迫り、アメリカ、パキスタン、イエメンからの6人の外国友人が1千年以前の漢れんがを使って、伝拓という古い技術を体験した。中国山東網が伝えた。

  イエメンからのBEN DOHMAN氏は中国の伝統文化に深い興味があって、大学は卒業し大学院で勉強しているかれは「中国通」でもある。自ら拓片作品を作ったあと、BEN DOHMAN氏は好きだ、収蔵したいと言った。

  石敢当摩崖芸術博物館は国内初の民政と文物部門に正式に登録された公益性のある摩崖漢字博物館として、中国漢字の優れた伝統文化の普及に尽力すると同時に、体系的・多種類の漢字文化関連グッズに関わる文化産業を建設した。

  石敢当摩崖芸術博物館は「漢字+」を文化の主題にして、また「漢字記憶空間」という文化の概念を打ち上げて、優秀な中国漢字の伝統文化の伝承・発揚することに尽力、特に山東の摩崖石刻文化芸術を世界で普及する、と石敢当摩崖芸術博物館館長の王宝磊氏が記者に伝えた。

  「文物を活かさせる)を実現するために、石敢当摩崖芸術博物館が館内の漢字資源を日常生活に応用して、拓片、お茶、瓷器、シルク、服装など五つのシリーズの製品を発展した。また「一帯一路」イニシアティブを結合して、シルクと茶器など歴史シルクロードでの商業貿易の製品を代表できるものを、新時期の漢字文化理念を付加された。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室