中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

第九回「華交会」が11月27日に山東で開催

2017/11/8 16:25:27   來源:中国山東網 2017/11/8 16:25:27

  7日、山東省人民政府報道弁公室の記者会見によると、11月27日から12月2日まで、山東省人民政府僑民事務弁公室、中国僑商投資企業協会、済南市人民政府と煙台市人民政府が第九回「華商企業科学技術革新協力交流会(以下「華交会」を略)及び2017僑商革新発展フォーラムを開催する予定。中国山東網が伝えた。

  「華交会」は海外の華僑華人が国内の産業構造調整と科学技術革新を参加、華商と国内の商工界との協力・ウインウインを促す大型な渉僑渉外の資金・人材・技術の導入活動である。また、山東省僑民事務システムの最も主な資金・人材導入プラットフォームになって、多くの国内国外の華僑華人のハイエンド人材と華商企業の参加を誘致して、一陣の重大なプロジェクトが山東省に入って、山東経済・社会の発展に積極的に推進する役割を果たした、と山東省僑民事務弁公室副主任の孫西忠氏が紹介した。

  今回の「華交会」が省委、省政府の戦略決定を巡って、「原動力転換、協力・ウインウイン」を主題、プロジェクト導入、人材ドッキング、資金・人材協力と「一帯一路」建設に融合を重点として、山東省の供給側構造改革をサービス、新旧原動力モデル転換の重大プラオジェクトの推進を加速、海外僑民同胞、港澳同胞事業の発展を協力・推進する。

  今回の「華交会」の会期が二つの階段に分ける。第一階段は会議の階段で、地点が済南である。活動の主要な内容が開幕式、2017僑商革新発展フォーラム、「一帯一路」建設融合推奨会、食品質量と安全新技術検討会など10項目の特定テーマ活動を含め、全省の17市が参加する予定。うち、同会も「僑民系企業成果展)を開催する。第二階段はプロジェクトドッキングと実地で考察・商談する階段である。会議階段の任務が終わったら、海外のゲスト達が済南市、煙台市に迫り、実地で考察する予定、と孫西忠氏が指摘した。

  目前、今回の「華交会」が40の国家と地域からの300余人の華僑華人専門家と華商が参加する予定。また、国際宇航科学院院士の顧行発氏、アイルランド皇家科学院院士の孫大文氏など著名な学者、及び香港世茂集団董事局主席の許栄茂氏、シンガポール金鷹集団主席の陳江和氏、マレーシア発林集団董事主席と社長の林玉唐氏など知名な人物が出席する。その際に、国務院僑民事務弁公室と省政府の代表者、山東省の専門学者も同会を参加して、参加人数が500余人に達する予定。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室