中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

夢を実現させる-「青島保税港区職人」泰科(青島) 射出成形工場副主管の侯方華氏への取材

2017/12/13 14:38:28   來源:中国山東網 2017/12/13 14:38:28

  任された仕事は全部よくできた。人々に安心させる。同僚の目から見ると、侯方華氏は着実な方で、技術も信頼できる。侯氏は自分に圧力をかけ、職責範囲内の仕事は当たり前で、職責以外の仕事もできるだけやり通す。

  技術工からエンジニアまでの道はいくらあるか。多くの人にとって、一生をかけてもできないことだが、1980年代以降生まれた侯氏の答えは8年だ。侯氏は射出成形金型の修理・整備を行う12年間、自分の原則を堅持し、技術の革新を引き続き行い、夢を現実になる。

  1987年生まれた侯方華氏は黒いフレームのメガネを着て、穏やかで、真面目な人だ。2005年、メカトロニクス専門の侯氏は専門学校を卒業してから泰科電子青島有限公司に入職した。「あの時の目的は単純で、勉強しに着ましただけ」侯氏は言った。泰科電子はグローバルで、技術と製造業のリーダーで、年間売上高は130億米ドルで、75年の歴史を持っている。78000人の従業者を持っていて、得意先は150国・地域にある。

  侯氏によると「学校で学んだ知識は理論的なもので」、工場でいろいろな研削材を見て驚いた。会社は実践のプラットフォームを提供する。射出成形工場の研削材は問題が起こった時、自分の力で解決しなければならない。そのため、侯氏はインターネットで関係資料を調べ、母校の先生に質問をした同時に、勉強と交流を強化する。

  3年間の努力を経て、侯氏の強い技術力と革新力が現れ、また、リーダーの能力も現れた。そのため、侯氏は昇格され、15人の射出成形金型の修理・整備のチームを率いた。

  侯氏はあんまり喋らない人だが、仕事や技術のことを言うと、興奮そうに見え、いろいろ喋った。侯氏は「物事に対する見方を言うより、やることが好きです」。長い時期、「話より行動だ」は侯氏の原則だ。

  また、侯氏の生活は簡単で、同僚から見れば、「仕事しかありません」。工場の金型は運転し続け、事故が起こる時間も予測できず、交付する前に、事故が起こったこともある。

  職人にとって、毎日が新たな挑戦に直面することこそ、本当の楽しみだ。侯氏は新たな挑戦が好きな上、解決方案を見つける。

  侯氏によると、射出成形金型の折れは業界難問だ。「問題解決はデーターの積み重ねに頼る」、金型の折れの原因を探るため、侯氏はチームを連れ、データー の統計を行った。現時点まで、3ヶ月も行った。

  「職人精神は一種の職業精神です」侯氏はいった。彼にとって、仕事は勤勉、真面目、革新のレベルに分ける。勤勉は仕事に没頭すること。普段金型の仕事をやる彼はにとって、真面目はさらに重要なことだ。

  仕事で一定の成績を収めた彼は会社の奨励と認可を得た。技術で突破を得るため、いま、吉林大学の本科の学業を修め��いる。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室