中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

外国友人は済南第三職業中等専門学校に迫り、冬至の伝統的民俗を体験

2017/12/22 11:10:34   來源:中国山東網 2017/12/22 11:10:34

  冬至は中国旧暦で重要な節気と伝統的祝日の一つである。また民間で「冬節」とも呼ばれる。民間伝統に従って、北方地方は冬至で餃子、ワンタン、南方地方は冬至で冬至米団、冬至面を食べる習慣がある。中国山東網が伝えた。

  12月20日、冬至の前に、中国山東網「感知山東」番組は済南第三職業中等専門学校を訪れ、韓国、イタリア、タイ、フィリピン、キューバ、ネパール出身の7人の留学生は冬茶飲み、餃子作りを体験した。

  午後、外国友人が学校に迫り、教職員・学生たちは茶道室でお茶を準備して待っていた。「普段お茶を飲むのは渇きをいやすため、冬至のお茶会はもっと深い意味がある」と徐園園先生が言った。徐園園氏は中国の伝統的茶道を演示しつつ、外国友人に冬至でお茶を飲む意味を紹介した。漢方医の伝統的養生では、冬至は体が栄養を補充するのに最も重要な日だ。

  先生の指導の下で、外国友人が自ら中国茶の独特な趣を体験した。「中国の茶文化はとっても面白い、自然に親しみ感じをした。」とイタリアからの山東大学の留学生のLucrezia Goldin氏がお茶を飲むながら賞賛をした。

  お茶を飲んだ後、皆は料理教室に来て、生粋の山東花式餃子を勉強した。冬至の後、最も寒い天気を控えて、餃子を食べるのは冬至で北方地域で特色のある飲食文化である。「山東の餃子は特色があるのを聞いて、今日勉強するチャンスがあった!」とタイからのPosuwan氏が記者に言った。

  イタリアからのMonica Piazza氏が中国に来てから、多くの中国の伝統的文化・習俗を教室でまなんだ。今回、済南の中学校に行き、中国人の生活習俗を体験するのは親切で面白いです。特にこの学校の文化雰囲気が濃くて、また中学生たちが礼儀正しいことはインパクトがあった、と記者に伝えた。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室